一般小説作品詳細

うさぎの目を旅する

25|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,989文字

【いしかわデイズ】, 観光, 金沢, 兼六園, 美術館, 兄, 妹

1,519 views

兄から突然来た引っ越しの連絡。
「引っ越しました。遊びにおいで」
仕事が上手くいかず精神的に疲れていた私は、石川県へと向かうことにした。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

うさぎの目を旅する

川勢 七輝  nanaki_kawase

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
【いしかわデイズ】, 観光, 金沢, 兼六園, 美術館, 兄, 妹
総文字数
4,989文字
公開日
2019年10月14日 20:25
最終更新日
2019年10月31日 22:46
応援コメント数
4

応援コメント一覧

私涙が止まりません。

ぐっすり眠れるアロマキャンドルも焚いておくんだった……!七さんのバイタリティを甘く見ていた……!安眠にはラベンダーが効果的らしいよ。改めて読ませていただきました。忙しい中での修正作業、如何許りであったかとお察しいたします。本当に軽率なことを言って申し訳ない。一言一句、決して忘れぬよう心に刻ませていただきました。主人公の、り……なんとかさんがね、旅行に行ってね。ハイ(笑)とりあえず、これで一段落でしょうか。七さんのことだから、またすぐに動き出すのでしょうね。くれぐれも、無理をなさいませんよう。今度 ... 続きを見る

コメント返信できないっぽい

5000文字以内でしたね。そして、この作品は4997文字でしたね。そこまで見てませんでした。確かに文字数入りませんね。失礼しました。いや待てよ、朝の通勤ラッシュ時の駅員さんなら、はみ出した文字も強引に押し込めるかも……!ってなわけで、久しぶりに七さんとお話しできて楽しかったです。「九ちゃん」と呼んでもらえて嬉しかったです。これで僕が「九ちゃん」じゃなかったらもっと楽しかったのに。「んじゃお前誰だよ」って(笑)あまり頑張りすぎないで、たまには木陰ででも休んでくださいな。なんだったら、そのまま寝ても ... 続きを見る

金沢って、行ったことないなあ。

「高さ十数メートルはある木製の板たちを直立させた後、巨大な手で半回転捻ったような柱」 鼓門を知らなかった僕が、この文を読んでそのイメージを描いたあと、画像検索をしてみたらそのままだったので笑いました(笑)。こんなふうに、相手に正確にイメージを伝えられる描写が書けるって、素晴らしいことです(欲を言えば、「板たちを円形に並べて直立」だとより具体的かも)。「才能があるって、ずるいな」それは、僕が七さんに言いたいことですがな(笑)。

視野は広いが視力は弱い、だから…。

 周りが見えすぎていると、入る情報が多すぎて本質を見抜けなくなる。そうなると耳が良くなって、必要ない音や会話まで拾う。それを覚ましてくれるのは、美しい風景と肉親の優しさ。  そんな気分になりました。

作者プロフ

川勢 七輝  nanaki_kawase

SF、ホラーをメインに時々ギャグを書きます。
宜しくお願いします。

Twitterやっております。https://twitter.com/kokoamokora

この作者の他の作品

小説

15|その他|完結|1話|1,716文字

2019年11月10日 10:46 更新

【NITRODAY】, 音楽, 邦楽, レビュー, バンド, アルバム

頑張りたくても、頑張れない。そんな時って割と高頻度で襲来する。ダメだ、何をやってもダメだ。いやいや、待て待て。ちょっとこのアルバムを聴いてみて欲しい。

小説

25|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,989文字

2019年10月31日 22:46 更新

【いしかわデイズ】, 観光, 金沢, 兼六園, 美術館, 兄, 妹

兄から突然来た引っ越しの連絡。 「引っ越しました。遊びにおいで」 仕事が上手くいかず精神的に疲れていた私は、石川県へと向かうことにした。

小説

25|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,000文字

2019年09月23日 04:45 更新

【ズーカラデル】, 生活, 恋愛, すれ違い, 仲間, 失恋, 前を向く, 仕事

ズーカラデルさんの『生活』からインスパイアされた物語です。 何度も拝聴する中で『雨』『匂い』『鈍い痛み』そして『鈍い光』というワードが私の中でとても刺さりました。...

小説

21|日記・個人ブログ|完結|1話|1,331文字

2019年08月18日 20:26 更新

美術館, 日記, アート, 感想

国立新美術館にて催されている『クリスチャン・ボルタンスキー ─Lifetime』(2019 6/12〜9/2)を川勢が鑑賞した感想です。

小説

30|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,996文字

2019年07月31日 19:46 更新

【お仕事小説】, エッセイ, 実話, 仕事, モデル, 詐欺, 美容室, カット, 迷子

軽い気持ちで受けたカットモデルの仕事。しかし、仕事というだけあって決して楽なものでは無い。 仕事に対して甘い考えだった私が、どうやって向き合うか。そんな大切なヒントを貰った、9割実話のエッセイ風小説です。

小説

16|日記・個人ブログ|完結|1話|718文字

2019年07月14日 23:54 更新

詩, ポエム

小説

24|創作論・評論|完結|1話|4,976文字

2019年05月28日 13:03 更新

【京極夏彦書評】, ルー=ガルー, 書評, 少女, 近未来, エッセイ, レビュー, オオカミ

【参考文献】 オオカミの謎 桑原康生 著 誠文堂新光社 オオカミ迫害から復権へ ギャリー・マーヴィン 著 南部成美 訳 白水社 ニホンオオカミは消えたか? 宗像充 著 旬報社 野生イヌの百科 今泉忠明 著...

小説

19|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,638文字

2019年04月30日 20:35 更新

【許せない】, ヒューマンドラマ

果たして人の優劣とは?正しさとは?中学三年生の『私』が戦う、自身の心の物語。

小説

26|SF|完結|1話|4,984文字

2019年04月30日 19:58 更新

【許せない】, アイロニー, サスペンス, 火星, 宇宙

火星基地へと向かう宇宙船。しかし、着陸に失敗し、生き残ったのはガロ博士、ただ1人。 だが、基地内にある治療室には男女2名の姿が──。

小説

17|SF|完結|1話|4,994文字

2019年04月01日 03:52 更新

【ラストレター】

勘違いこそが、人間の全てであった。

TOP