眉村卓 遺作『その果てを知らず』書評

[創作論・評論]

13

1,449

7件のファンレター

NOVEL DAYS×tree 2000字書評コンテスト「小説現代2020年11月号」の受賞作に選んでいただきました。

目次

完結 全1話

2020年11月29日 19:22 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

書評のお手本のような…

前に読ませていただいていたのですが、感想が遅くなってしまいました。過剰になりすぎることなく適度にちりばめられたSF的知識と、ネタバレにならない範囲で具体的に示される作品の読みどころ。読者がその作品を読んでみずにはいられなくなる、正に書評のお手本のような文章だと思いました。私こそ、佐久田さまの作品から学ばせていただいております!今後ともよろしくお願いいたします~^^

返信(1)

あおぞらつばめさま

コメントありがとうございます!”書評”は2000字以内でも四苦八苦しましたが、いい経験になりました。実は個人的に巻末マンガ『ようこそ!アマゾネス☆ポケット編集部へ』がツボにハマりました(笑)

返信(0)

常識があるからこそ逸脱できる

本当にその通りですね! 佐久田様の書評も、作品を通して読者を励ますところがあると感じました。お人柄が伝わってくるようです^^!

返信(0)

日暮彼方さま

SF大家の書評ということで、「これで大丈夫かな……」と不安とともにアップしました(笑)少し肩が軽くなった思いです。コメントありがとうございました。日暮さまの文章、好きです。小気味よくて核心に触れていて、何度読んでも楽しめます!

返信(0)

日本SF大家の人柄に触れて

作品拝読致しました。 “走馬灯”という言葉、この小説にぴったりだと思います。 誰よりも社会的な常識・良識を備えているからこそ、多くの人に届くSF作品を書くことができた、 そのような眉村氏の背景をよく踏まえた書評だと感じました。

返信(0)

不二原 光菓さま

読んでいただきましてありがとうございます!私はエセSFファンなのであまり語るとボロが出てしまうのですが……遺作なので超渋いです。人によって好みが分かれると思います。運営からの案内が「読みたくなるような書評を」だったので、それに寄せました(笑)なので、予想と違っていたらごめんなさい!こちらを書くにあたり、眉村先生の人となりをネットで検索したのですが、大御所なのに気さくで穏やかな方だったみたいで好感度アップしました。

返信(0)

これは読まなければ!!!!!

 読ませていただきました。眉村卓さんのジュヴナイルSFは小さかった私には難しい印象でしたが、SFの面白さを心に刻みつけてくれました。  遺作が載っているとは知らなかった。ご紹介によると私の眉村作品の印象とは違いますが、巨匠の残してくれた作品を是非読みたいと思います。本屋に急ごう。 紹介していただいてありがとうございました!

返信(0)

小説情報

眉村卓 遺作『その果てを知らず』書評

佐久田和季  202004

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
【小説現代書評】, SF, 幻覚
総文字数
1,895文字
公開日
2020年11月18日 22:25
最終更新日
2020年11月29日 19:22
ファンレター数
7