渋谷に横たわる子羊

[社会・思想]

6

13,140

0件のファンレター

敬虔なクリスチャン「ピーター」。彼は「聖書」と「イエス・キリスト」について深く考える日々を送っていた。
ある日、渋谷の教会から礼拝を終えて一人で通りに出てくると、血まみれでアザだらけの半裸の男と出会う。
そう、その人物こそ約2000年前、ゴルゴタの丘で十字架に架けられた、イエスだった。
イエスは十字架の上から現代にワープしてきたのだ。戸惑うピーターだったが、イエスは次々と聖書の秘密を
ピーターに解き明かしていく。そして、イエスとピーターは聖書の世界の中を、次々とワープして「創世記」から
「ヨハネによる黙示録」まで、ありとあらゆる聖書の世界を旅する事になる。
最初は「偽キリスト」と思っていたピーターだったが、聖書の世界を旅するうちに、イエスが本当の救世主(メシア)
だと信じるようになる。
イエスとピーターの少し「ひょうきん」ともとれる、21世紀の渋谷を舞台にしたワープ旅行物語です。

登場人物

「イエス」=約2000年前の十字架上から現代にワープしてきた「主」「神の子羊」

「ピーター」=敬虔なクリスチャン。いつも聖書とイエスについて黙想している。

「聖書の登場人物」=様々な人々

「ナレーション」

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

渋谷に横たわる子羊

木之本レエル  kinomoto999

執筆状況
連載中
エピソード
10話
種類
チャットノベル
ジャンル
社会・思想
タグ
聖書ラノベ新人賞2, 聖書, キリスト教, ジョーク, 聖書の秘密, 創世記から黙示録まで, 福音書, 弟子, クリスチャン, ワープ
総文字数
13,325文字
公開日
2018年09月14日 22:32
最終更新日
2018年10月26日 20:31
ファンレター数
0