チャットノベル作品詳細

渋谷に横たわる子羊

2|社会・思想|連載中|4話|5,038文字

聖書ラノベ新人賞2, 聖書, キリスト教, ジョーク, 聖書の秘密, 創世記から黙示録まで, 福音書, 弟子, クリスチャン, ワープ

287 views

敬虔なクリスチャン「ピーター」。彼は「聖書」と「イエス・キリスト」について深く考える日々を送っていた。
ある日、渋谷の教会から礼拝を終えて一人で通りに出てくると、血まみれでアザだらけの半裸の男と出会う。
そう、その人物こそ約2000年前、ゴルゴタの丘で十字架に架けられた、イエスだった。
イエスは十字架の上から現代にワープしてきたのだ。戸惑うピーターだったが、イエスは次々と聖書の秘密を
ピーターに解き明かしていく。そして、イエスとピーターは聖書の世界の中を、次々とワープして「創世記」から
「ヨハネによる黙示録」まで、ありとあらゆる聖書の世界を旅する事になる。
最初は「偽キリスト」と思っていたピーターだったが、聖書の世界を旅するうちに、イエスが本当の救世主(メシア)
だと信じるようになる。
イエスとピーターの少し「ひょうきん」ともとれる、21世紀の渋谷を舞台にしたワープ旅行物語です。

もくじ

登場人物紹介

「イエス」=約2000年前の十字架上から現代にワープしてきた「主」「神の子羊」

「ピーター」=敬虔なクリスチャン。いつも聖書とイエスについて黙想している。

「聖書の登場人物」=様々な人々

「ナレーション」

小説情報

渋谷に横たわる子羊

木之本レエル  kinomoto999

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
チャットノベル
ジャンル
社会・思想
タグ
聖書ラノベ新人賞2, 聖書, キリスト教, ジョーク, 聖書の秘密, 創世記から黙示録まで, 福音書, 弟子, クリスチャン, ワープ
総文字数
5,038文字
公開日
2018年09月14日 22:32
最終更新日
2018年09月15日 13:18
コメント数
0

コメント一覧

コメントはありません

作者プロフ

木之本レエル  kinomoto999

1970年生まれ。東京都出身。男性。
15歳(高校一年生)頃から体調に異変を感じ、17歳で精神病(鬱病)と診断される。
快方したので退院し、当時、働いていた印刷会社で、キリスト教会で礼拝の時に使う「週報」と出会う。
次第にキリスト教に興味を持ち始め、キリスト教会の礼拝に出席するようになるも、18歳の時、OA機器の営業職に転職し、多忙な日々に追われて、次第にキリスト教会から足が遠のく。
25歳の時、OA機器の営業職を辞める事となり、もう、すがるべきものはキリスト教しかないと考え、再びキリスト教会の扉を叩く。
1995年9月3日(日曜日)洗礼を受け、クリスチャンとなる。
以降、2~3年くらい真面目にキリスト教会に通っていたが、自分の本当の病名(統合失調症)を知ってしまい、まるで死刑宣告を喰らったかのような衝撃を受け、キリスト教会に通うのも年に1回とかになってしまう。
アマゾン・キンドルストアにて、統合失調症関係の著書多数、オーディオ・音楽関係の著書多数、キリスト教関係の著書も出版する。
その後も、キリスト教の福音主義の観点から精神病についての、著作を書き続ける。
本音を言うと、読書は少し苦手。

この作者の他の作品

チャット

敬虔なクリスチャン「ピーター」。彼は「聖書」と「イエス・キリスト」について深く考える日々を送っていた。 ある日、渋谷の教会から礼拝を終えて一人で通りに出てくると、血まみれでアザだらけの半裸の男と出会う。...

2|社会・思想|連載中|4話|5,038文字

2018年09月15日 13:18 更新

聖書ラノベ新人賞2, 聖書, キリスト教, ジョーク, 聖書の秘密, 創世記から黙示録まで, 福音書, 弟子, クリスチャン, ワープ

TOP