心、よみがえれ

作者 高間真

[現代ドラマ・社会派]

59

541

3件のファンレター

家族という役割につぶれた心が、どうか未来に進んでいけますように。

ヤングケアラーとして、日々奮闘していた少年の再生の物語。
特殊なことではなく、もしかしたら、すれ違ったあの子もそうなのかもしれません。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

兆し

高間さん、こんばんは。 完結ですね。もっと航のことを知りたいと思いましたが、 きっとこういう風に読者が関心を持つことが、この作品の重要なところなのかと感じました。 友達にも言えない、というところ。 おそらく大人が、例えば職場であっても、なかなか言い出せないと思います。 「介護休暇」などもありますが、そういう細切れな話じゃないんですよね。。。 いろいろ考えさせられました。 有り難うございました!

返信(1)

前に進んで欲しい

私も介護経験があり(ヤング、ではありませんでしたが)、航君の痛みが自分のことのように感じられました。 周囲の人々が温かくて、救われるような気持ちになりますね。タイトルの通り、主人公にはよみがえって欲しいです。 良い作品を読ませて頂きました。ありがとうございます。

返信(1)

よみがえれ

高間さん、おはようございます。 今回もえぐり出しますね。しかも視線が優しい。 ヤングケアラーについては、その行為自体は感動話に仕立て上げられそうな分、根が深いと思います。 長編ファンタジーも気になりますが、こっちも目が離せません。 引き続き、よろしくお願いいたします。

返信(1)

小説情報

心、よみがえれ

高間真  takama0801

執筆状況
完結
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
ヤングケアラー, 家族, 日常, 仕事, 再生, 切ない
総文字数
8,147文字
公開日
2022年01月09日 17:36
最終更新日
2022年01月14日 12:00
ファンレター数
3