守り神に愛の名を!

[ファンタジー]

6

5,738

0件のファンレター

言霊(ことだま)はきっと届く、あのひとに――。

故郷の田舎町に戻ってきた中学生、古賀崎潤は、人ならざるもの――つくも神が見えることに驚く。

混乱する潤の前に現れたのは、七年ぶりの再会となる親友の女の子。
じつは彼女は、この地のつくも神と人々を守護する守り神だった。

七年前の別れ際、そうとは知らずに彼女に“名前”を付けた潤は、それが言霊夫婦(ことだまめおと)という契りを結ぶ婚姻の儀だったと知らされる。

そうして守り神の夫――名授(めいじゅ)となった潤は、いやおうなしにつくも神たちと関わっていくことになるが……。

つくも神と言霊、そして“愛”にあふれた、ハートフル和風“めおと”ファンタジー。

登場人物

古賀崎 潤(こがさき じゅん)


十三歳の中学生。

故郷、上雲津の守り神のパートナーになり、つくも神の世界に関わっていくことになる。


守り神のオンナノコ


上雲津の地を守護する守り神。

責任感が強く、上雲津のつくも神と人々が大好き。潤のことはそれ以上に愛している。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

守り神に愛の名を!

いすみゆつ  isumisakura

執筆状況
完結
エピソード
22話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
青春, 恋愛, 和風ファンタジー, 家族ドラマ, つくも神, バトル, 【リデビュー小説賞】
総文字数
150,749文字
公開日
2018年11月21日 19:44
最終更新日
2019年01月04日 16:31
ファンレター数
0