北武の寅 <幕末さいたま志士伝>

[歴史]

249

14,330

3件のファンレター

タイトルは『北武の寅』(ほくぶのとら)と読みます。
幕末の埼玉人にスポットをあてた作品です。主人公は熊谷北郊出身の吉田寅之助という青年です。他に渋沢栄一(尾高兄弟含む)、根岸友山、清水卯三郎、斎藤健次郎などが登場します。さらにベルギー系フランス人のモンブランやフランスお政、五代才助(友厚)、松木弘安(寺島宗則)、伊藤俊輔(博文)なども登場します。

根岸友山が出る関係から新選組や清河八郎の話もあります。また、渋沢栄一やモンブランが出る関係からパリ万博などパリを舞台とした場面が何回かあります。

前作の『伊藤とサトウ』と違って今作は史実重視というよりも、より「小説」に近い形になっているはずです。ただしキャラクターや時代背景はかなり重複しております。『伊藤とサトウ』でやれなかった事件を深掘りしているつもりですので、その点はご了承ください。
(※前回同様、ノベルアップとカクヨムにも同じ内容のものを転載しています)

参考史料は埼玉県関連の史料と一部特殊な物のみ、ここで明示しておきます。それ以外は基本的に前回の『伊藤とサトウ』とほぼ同じですので、お手数ですがそちらをご参照ください。
『渋沢栄一』(吉川弘文館、土屋喬雄)、『尾高 惇忠 富岡製糸場の初代場長』(さきたま出版会、荻野勝正)、『歴史に隠れた大商人 清水卯三郎』(幻冬舎、今井博昭)、『根岸友山・武香の軌跡・幕末維新から明治へ』(さきたま出版会、監修・根岸友憲)、『埼玉の浪士たち「浪士組」始末記』(埼玉新聞社、小高旭之)、『幕末維新埼玉人物列伝』(さきたま出版会、小高旭之)、『埼玉武芸帳・江戸から明治へ』(さきたま出版会、山本邦夫)、『江戸時代 人づくり風土記 11巻 埼玉』(農山漁村文化協会)、『図説 埼玉県の歴史』(河出書房新社)、『花と剣と侍』(光文社文庫、この中の『真田範之助』長谷川伸)、『剣術修行の旅日記』(朝日新聞出版、永井義男)、『明治博物館事始め』(思文閣出版、椎名仙卓)、『渋沢栄一、パリ万博へ』(国書刊行会、渋沢華子)、『渋沢栄一』(文春文庫、鹿島茂)、『上野彰義隊と箱館戦争史』(新人物往来社、菊地明)、『彰義隊遺聞』(集英社文庫、森まゆみ)、『飯能炎上』(飯能市郷土館)、『飯能戦争関係史料集』(飯能市郷土館)、デジタル版『渋沢栄一伝記資料』(渋沢栄一記念財団)

目次

完結 全40話

2021年01月22日 10:00 更新

  1. 第一章・少年剣士、寅之助

  2. 第1話 北武蔵の人々。寺門静軒、根岸友山、清水卯三郎2020年11月25日
  3. 第2話 剣術対決。寅之助と渋沢栄一2020年11月29日
  4. 第3話 少女お多恵と少年寅之助2020年11月22日
  5. 第二章・青年寅之助、千葉道場へ

  6. 第4話 お政の誘惑2020年11月25日
  7. 第5話 深谷での対決2020年11月24日
  8. 第6話 春の雪の中で2020年12月07日
  9. 第三章・志士寅之助、誕生

  10. 第7話 敵は安藤信正2020年11月26日
  11. 第8話 さらば、健次郎2020年11月27日
  12. 第9話 長州藩、動く2020年12月09日
  13. 第四章・浪士組、京へ

  14. 第10話 尽忠報国、浪士組2020年11月29日
  15. 第11話 浪士組、分裂2020年12月01日
  16. 第12話 根岸友山、近藤勇と対決す2020年12月02日
  17. 第五章・イギリス艦隊の脅威

  18. 第13話 魁!清河八郎2020年12月03日
  19. 第14話 渋沢喜作と平岡円四郎2020年12月04日
  20. 第15話 鹿児島湾の卯三郎2020年12月05日
  21. 第六章・熊谷にて

  22. 第16話 吉田家の人々2020年12月06日
  23. 第17話 横浜襲撃計画、再び2020年12月08日
  24. 第18話 長七郎、号泣2020年12月09日
  25. 第七章・京都へ、パリへ

  26. 第19話 パリの池田使節団2020年12月10日
  27. 第20話 天狗党、決起2020年12月11日
  28. 第21話 天下大乱の夏2020年12月12日
  29. 第八章・京都の一橋家

  30. 第22話 天狗党騒動、終結2020年12月13日
  31. 第23話 渋沢と寅之助は備中へ、五代と松木は欧州へ2020年12月15日
  32. 第24話 再会、沖田総司2020年12月16日
  33. 第九章・激動する時勢

  34. 第25話 パリの激闘2021年01月22日
  35. 第26話 四ヶ国艦隊、大坂湾に襲来2020年12月18日
  36. 第27話 お多恵との一日2020年12月20日
  37. 第十章・パリ万博

  38. 第28話 一橋家から幕府へ2020年12月20日
  39. 第29話 1867年のパリ万博(前編)2020年12月22日
  40. 第30話 1867年のパリ万博(後編)2020年12月23日
  41. 第十一章・再会

  42. 第31話 別手組の寅之助2020年12月24日
  43. 第32話 再会の長崎2020年12月25日
  44. 第33話 三都狂乱2020年12月26日
  45. 第十二章(終章)・武蔵国にて

  46. 第34話 大暗転2021年01月15日
  47. 第35話 パリの渋沢篤太夫、遥かなる祖国を想う2020年12月30日
  48. 第36話 彰義隊へ2021年01月05日
  49. 第37話 振武軍、結成。いざ、上野へ2021年01月07日
  50. 第38話 彰義隊戦争(上野戦争)2021年01月13日
  51. 第39話 飯能戦争2021年01月15日
  52. 第40話 <最終回>吉田寅之助と渋沢栄一2021年01月17日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

とうとう最終回ですね

莫大な情報量がふんだんに盛り込まれながらも、人物たちの生身の姿が浮き彫りになる素晴らしい作品だと感じました。この作品のおかげで明治の財界人の偉い人、としか認識していなかった渋沢栄一の経歴と、名前も知らない幕末〜明治に活躍した人々の事を知る事ができました。ありがとうございました!

返信(1)

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。

過分なご評価をいただき恐縮です。やや幕末マニア向けの内容ではありますが「分かりやすく、おもしろく」なるようにしたいと思っております。

返信(0)

読み応えがあります

幕末には疎いので、知らないことばかりで、「えー、ほんとに〜!?」の繰り返し。目から鱗がボロボロ落ちます。語り口のテンポが良くて知らず知らずに幕末に迷い込んだ気分です。面白い上に勉強になります!

返信(0)

小説情報

北武の寅 <幕末さいたま志士伝>

海野 次朗  U_jirou

執筆状況
完結
エピソード
40話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
幕末, 埼玉, 熊谷, 渋沢栄一, 根岸友山, 清水卯三郎, 新選組, 五代友厚 , フランス, モンブラン
総文字数
372,416文字
公開日
2020年11月22日 14:58
最終更新日
2021年01月22日 10:00
ファンレター数
3