一般小説作品詳細

名前のない手紙

7|ファンタジー|完結|1話|4,135文字

【ラストレター】, サンダイア・サガ

1,551 views

故郷から海を渡ってアマリア王国へ辿り着いた男。
一時は盗人に身を堕とすが、敬愛できる人物と出会い、人生は好転する。
強い信念を持ち、充実した生活を送る男は、故郷に残してきた母親に手紙を送る。


NOVEL DAYS 
超短編コンテスト
テーマ:【ラストレター】参加作品。

『サンディリア』という世界を舞台にした短編作品群のひとつになりますが、こちら単品でもお楽しみいただければ幸いです。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

名前のない手紙

桜森湧水  murancianotes

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
【ラストレター】, サンダイア・サガ
総文字数
4,135文字
公開日
2019年03月03日 13:22
最終更新日
2019年03月30日 10:12
応援コメント数
4

応援コメント一覧

siroikamiさんへの返信

お読み頂きありがとうございます!

泣いた

泣きました 立派に生きてるんですね 死んでなくてよかったよー うまいなぁ

touma06さんへの返信

 ご感想お寄せいただき、ありがとうございます!  他人から見たオッゾ様はともかく、この手紙の書き手はオッゾ様を崇拝していることが伝わればと思って描きました。 “嫉妬するほど文章が上手いですね、4000字が流れるように読めました。”  過分な評価を頂き恐縮です!  最後まで読んでいただけるだけでも嬉しく思います!

面白かったです

実はオッゾ様が恐ろしい方というどんでん返しではと若干ビクビクしながら読んでいましたが、そんなことはなく、素敵な息子の遺書でした(遺書にならなきゃいいけど)。嫉妬するほど文章が上手いですね、4000字が流れるように読めました。

作者プロフ

桜森湧水  murancianotes

「さくらもりゆうすい」と読みます。
短編ばかり書いてます。

この作者の他の作品

小説

2|ファンタジー|完結|1話|4,957文字

2019年09月21日 12:41 更新

【嘘】

村の端でひっそりと暮らす青年ジャンは、かつては羊飼いをしていたが、嘘をついたことをきっかけに村人からの信頼を失ってしまった。

小説

7|ファンタジー|完結|1話|4,135文字

2019年03月30日 10:12 更新

【ラストレター】, サンダイア・サガ

故郷から海を渡ってアマリア王国へ辿り着いた男。 一時は盗人に身を堕とすが、敬愛できる人物と出会い、人生は好転する。 強い信念を持ち、充実した生活を送る男は、故郷に残してきた母親に手紙を送る。 NOVEL...

TOP