或ル書生ノ進退

作者 橘 眞道

[その他]

2

606

0件のファンレター

 敏雄は父の援助があることをいいことに書生のように呑気な生活をしていたが、ある時父が病気になってこれからの生活について考えざるを得なくなる。
テーマ「お返し」より。明治後半が舞台の近代文学タッチの作品。

< 登場人物 >
敏雄:三十代前半。うだつの上がらない物書き。現代風に言うとニートに近い。
美彌:敏雄の家の女中。敏雄にとって義理の妹のような存在。
辰吉:四十代半ば。エリートで父同様に大蔵官僚。非常に厳しい性格。
栄三郎:敏雄と辰吉の父。元長州藩士の維新志士であり、維新後は大蔵官僚となる。敏雄は歳が行ってからの子供になる。

基本的には旧字体ですが、一部対応してないものがあるのであくまでフレーバー。
旧仮名遣いに関しては読みづらくなるのでほぼ使っていません。
*は最後に注釈を載せています。

目次

連載中 全1話

2019年04月10日 18:14 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

或ル書生ノ進退

橘 眞道  Shindo-Tachibana

執筆状況
連載中
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
ヒューマンドラマ, 純文学, 短編, 家族, 日常, 明治時代, 近代文学
総文字数
5,580文字
公開日
2019年04月10日 02:11
最終更新日
2019年04月10日 18:14
ファンレター数
0