アクマでも側にいてくれますか?〜自由契約者、魔王になる堕天少女と契約する〜

作者 ogaway

[ファンタジー]

47

5,027

0件のファンレター

自称フリーランスの少年グリジオはギルドからの仲介で怪しげな人探しの依頼を受けた。

その内容はとある孤島で行方不明になった少女を依頼主へ引き渡すことだった。

そして、グリジオは孤島にある遺跡で血濡れた金髪の少女を見つける。

だが、少女の側にいた謎の騎士を模した人形兵器が襲いかかる。

グリジオは拒絶する少女を説得し、人形兵器を退けることで外に連れ出すこと成功する。

しかし、目を疑うものを見つけてしまう。

夜空に浮かぶ月が無数の目が埋め込まれている歪なものに変わっていた。

困惑する余裕もなく少年の前に謎の男が現れる。

男は怪人に変貌すると魔王の触媒である少女を渡せと迫る。

この日から少年は一人の少女の契約者として最強の木刀(?)を取る。

登場人物

グリジオ=ドラゴニア


自称フリーランスだが実質日雇いのフリーター少年。

幼い頃に故郷で起きた怪人の襲撃によって、記憶を失っている。

記憶が失ったときから消えない謎の虚無感から、自分の過去に関係ありそうなことに首を突っ込むようになる。

依頼主との契約はどんな目に遭っても守るのが信条である。




リア=アイフォルト


ある実験のために作られた人工精霊だが、過去に起きた暴走で行方不明になってしまう。

謎の孤島にある施設で発見され、グリジオによって救われる。

優しい性格だが厨二チックなものに惹かれたりする。

グリジオ同様に記憶喪失らしいが何故か記憶があるかのような一面を見せることがある。



エル=プリスクス


孤島での人探しの依頼で何故かグリジオについてきた少年。

好奇心旺盛かつミステリアスな印象持たせる性格。

自分の唯一のアイデンティティだと思っているアホ毛が切れると発狂する。


モキュ


グリジオが記憶喪失になってから一緒にいる猫ような耳とスライムのような丸い姿と大きい尻尾を持つ謎の生物。

頭にはいつもヒヨコや髑髏が乗っかっている。

モフモフしてキュウと鳴くからモキュと名付けられたようだが、実は気にいっていない。

気を許した相手に飛びついたり、頭の上に乗ったりする。

武器に化けることができ、重量や性質を任意で変えることもできる。

たぬきやスライム、へっぽこと呼ぶとぶちギレて目視できないスピードで大きな尻尾で殴られる。



ラウラ=ルナリエル


可愛い女の子と尊いものが好きな自称勇者。

実力は高い部類だが魔獣や怪人などの人ではない歪なものを近くで見ると気絶するので、

目隠しをしながらでないと戦えない。

亡き父親が冗談で勇者の剣だと言って渡した普通の大剣を大事にしている。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

アクマでも側にいてくれますか?〜自由契約者、魔王になる堕天少女と契約する〜

ogaway

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
チャットノベル
ジャンル
ファンタジー
タグ
ダークファンタジー, 王道, ロリ, 怪人, ショタ, ラノベ系, 異能バトル, チャットノベル
総文字数
20,308文字
公開日
2021年04月16日 23:50
最終更新日
2021年08月01日 23:44
ファンレター数
0