絶望のツンドラ【『絶望のツンドラ』シリーズ】

[ミステリー]

2

2,572

0件のファンレター

【独裁の大統領を暗殺しようと試みるが・・・シリアス系サスペンス短編】
■あらすじ
 反政府組織ナンバー2の僕は、仲間たちと独裁政権の大統領を暗殺すべく、演説会が開かれる広場へとやってきていた。仲間が拳銃を抜き、大統領の命を狙おうとしたとき、大統領の側近たちが会場の民衆に向かって小銃を斉射してきた。僕は命からがら逃げだし、セーフハウスへたどり着く。仲間たちと連絡を取り、無事か確認したが、組織のリーダー、ロイ・レオンスカヤと連絡がつかなかった。翌日、情報屋のヤコブ・ナボコフがロイの居場所を突き止めてきた。そこでロイを救出することに決めるが……。中央アジアの軍事独裁政権と反政府組織の対立を巡るガンアクション。

※400字詰め原稿用紙換算枚数:22枚
※こちらの作品はエブリスタ、カクヨム、小説家になろう、ステキブンゲイ、ノベルデイズの各小説サイトにも掲載中です。
※筑紫榛名の同人冊子『創話拾遺集(四)』に収録。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

絶望のツンドラ【『絶望のツンドラ』シリーズ】

筑紫榛名【5/29文フリ東京ウ-35】  H_Tsukushi

執筆状況
完結
エピソード
26話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
ガンアクション, シリアス, ミステリー, ミリタリー, 短編, 短編小説, 絶望のツンドラ, 筑紫榛名, 中央アジア, 完結済
総文字数
7,697文字
公開日
2021年10月12日 01:40
最終更新日
2021年11月12日 09:00
ファンレター数
0