記 憶

作者 TamTam2021

[社会・思想]

8

310

1件のファンレター

人間の記憶ほど曖昧で不確かなものはないと思います。記憶はどのようにして刻まれてゆくのでしょうか。それは指紋のように唯一無二のその人だけの記憶です。

目次

完結 全1話

2024年05月27日 15:28 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

記憶を透かせば

美しい詩ですね。ひとときの静寂に包まれました。家に降り積もる埃が永遠に消えることのない雪のようですね。セピア色の写真のような家の片隅に、時の記憶が雪のように、そして年輪のように重なり、その家とそこに住む者が確かに存在したことを刻み込んでいるようです。その雪を指でそっと撫でて、日の光に透かしてみたら、そこにあった息吹きや営みが見えるでしょうか。現実を暫し忘れて、このような想像に浸るのも悪くないと思いました。

返信(0)

小説情報

記 憶

TamTam2021

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
社会・思想
タグ
詩, エッセイ, 現代詩
総文字数
385文字
公開日
2024年05月27日 12:29
最終更新日
2024年05月27日 15:28
ファンレター数
1