海路に光を照らせ

[ファンタジー]

21

930

-

この物語は、Twitterで登場人物になってくれる書き手を集めて物語としているものです。特殊な設定多数。

テーマ
【愛(作品愛)と友情(作家同士の)と絆(創作界や作品ファンとの)の物語】
メッセージ:stop誹謗中傷!stop作品否定

【あらすじ】
主人公である回復師は、魔法の使える場所で育った。
創作界には現代、SF、ファンタジー、異世界、現代ファンタジーなどの大陸が存在している。そこには各町が存在しており、各民族が暮らしていた。民族とは、なろう、カクヨム、エブリなどである。

ある日主人公は浜辺から、一隻の船が攻撃を受け炎上している姿を目撃してしまう。魔法使いである自分には、その船を助けることが出来なかった。
自分の無力さに打ちひしがれる主人公に、育ての親でもある魔法界の最高位の者が告げる。
「お前には、力がある」
しかし、その時の主人公には回復の能力はない。首を横に振る彼に、
「魔法とはどんな力を産むこともできる、要は使い方次第だ」
主人公は決心する。魔法の力を回復に変換することを。
こうして、主人公は数名の魔法使いとともに、メンテナンス船に乗り込むと、大海原に旅立ったのであった。

【登場人物作家様の作品おススメ一覧】
カクヨムより
https://note.com/crazys7/n/n23841e14db8c
なろうより
https://note.com/crazys7/n/nda4a27f587ec
エブリ、アルファポリス、ノベプラ
https://note.com/crazys7/n/nb4751bc0c971

【参加作家様からのお奨め小説まとめ】
https://estar.jp/novels/8271298

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターを受付ない設定になっています。

小説情報

海路に光を照らせ

crazy's7@レビュー&作品紹介師  crazys7

執筆状況
連載中
エピソード
12話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
crazy’s7, ファンタジー, 比喩, 特殊設定, ヒューマンドラマ
総文字数
11,824文字
公開日
2021年05月01日 13:23
最終更新日
2021年06月27日 21:47
ファンレター数
-