一般小説作品詳細

ホログラムと少年

3|SF|完結|1話|7,865文字

SF, 短編, 少年, 熊, ホログラム, 廃墟, アンドロイド, 詩, タイタニック, 震災, 博士

469 views

人間の死に絶えた世界。アンドロイドの少年はひとり、廃墟をさまよい、玩具を集め、遊びつづける。少年が関心を持つのは、玩具と、造り主のエイン博士と、そして、ホログラムの熊だけだった。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

ホログラムと少年

yuji-koumoto

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
SF, 短編, 少年, 熊, ホログラム, 廃墟, アンドロイド, 詩, タイタニック, 震災, 博士
総文字数
7,865文字
公開日
2019年01月20日 04:39
最終更新日
2019年01月20日 17:35
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

yuji-koumoto

この作者の他の作品

小説

22|その他|連載中|496話|136,950文字

2019年06月24日 21:42 更新

詩, 詩集, ポエム, 死, ホラー, 恋愛, 自殺, 離人症, 鬱

死について書きなぐった詩集です。

小説

3|ホラー|完結|7話|77,505文字

2019年06月14日 02:33 更新

ホラー, 幽霊, 離人症, 死, 遊び, 子ども, 鬱, 夜

街を、六人の幽霊たちは、さまよっていた。遊んでいた。死んでいた。夜を、六人の幽霊たちは、さまよっていた。逃げていた。死んでいた。死にながら遊んでいた。死にながら逃げていた。

小説

3|ホラー|連載中|4話|16,392文字

2019年06月07日 04:52 更新

短編, ショートショート, ホラー, 伝奇, ダークファンタジー, 死, 夢, 短編集

だれもいない校舎で貘を退治する少年。踏切をケルベロスから守る双子の少女。夕立ちと共に現れる予知能力を持った殺人鬼……。死の手前の世界をうろつく、死に近い人々の記録。短編集なので、どれか一話だけでも読んでもらえたら。

小説

3|ファンタジー|完結|1話|1,645文字

2019年03月29日 15:38 更新

短編, ショートショート, 寓話, ファンタジー, 言葉, 馬鹿話, 不条理, 残像に口紅を

初めに“おめでとう”が消えた。次に“ありがとう”が消えた。世界から言葉が消えていった。言葉が次々と死んでいった。 あまりに短く拙いですが、『残像に口紅を』へのオマージュのつもりです。

小説

3|ホラー|完結|1話|4,087文字

2019年03月27日 20:38 更新

短編, ショートショート, ホラー, 幽霊, 死, 怪談, 伝奇, 日常

十二才で死んだ少年は、今日もふらふらと現世をさまよう。久しぶりの生まれ故郷。チャンネルの合った幽霊。夜の死神。春だった。

小説

3|ファンタジー|完結|1話|2,137文字

2019年03月24日 20:12 更新

短編, ショートショート, ファンタジー, 竜, 夢

丘の上に竜は眠っていた。丘から見下ろせる時計塔の街。それは竜の夢に巣くう街だった。

小説

4|ファンタジー|完結|1話|3,648文字

2019年03月22日 23:40 更新

短編, ショートショート, 残酷童話, シンデレラ, 恋愛, ラブコメ, ファンタジー

シンデレラは心がとても薄汚れていました。シンデレラは魔法使いのおかげで舞踏会へ来ることができました。シンデレラは邪な瞳で王子を狙っていました。

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,477文字

2019年03月19日 13:13 更新

短編, ショートショート, 夕暮れ, 夕焼け, 夕方, 黄昏, 母子

夕暮れの帰り道を、母親と息子は歩いていた。息子は社会からずれていた。息子は社会と食い違っていた。息子には線が理解できなかった。

小説

3|ファンタジー|完結|1話|4,146文字

2019年03月17日 15:48 更新

短編, ショートショート, 童話, 寓話, ファンタジー, 幻想, 紙, 鳥, 詩

体が紙で出来ている紙人間は、窓がひとつきりの部屋で、紙の鳥を折る毎日を過ごしていた。彼の生涯はその部屋で完結するはずだった。詩と出会うまでは……。

小説

3|恋愛・ラブコメ|完結|1話|2,241文字

2019年03月14日 05:07 更新

短編, ショートショート, 恋愛, ラブコメ, ギロチン, 断頭台, 幼なじみ

ぼくはいま、ギロチンにかけられようとしていた。ぼくの好きな、ぼくの幼なじみの、ぼくの殺した独裁者の娘の手によって。そしてギロチンの刃の下で、ぼくは彼女に恋を打ち明けた。

TOP