大切な食事の時間

[現代ドラマ・社会派]

9

2,098

0件のファンレター

小学校の教師である君彦は、家の近くで開催されている子ども食堂にふと訪ねてみた。そこでは学校の中からでは見えない子供たちのいろいろな事情が内包されていた。

小さい頃親と食事をした経験のない君彦は、自分を反面教師にして、子供たちに食事の時間を大切にしてほしいと思うのだった。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

大切な食事の時間

カタツムリ  maimaikatatumuri

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
食事, 子ども食堂, 家族, 先生, 子供, 学校, 児童クラブ, 母親
総文字数
8,608文字
公開日
2020年06月14日 13:34
最終更新日
2020年06月14日 13:45
ファンレター数
0