一般小説作品詳細

好きと言われた日

2|恋愛・ラブコメ|完結|6話|7,278文字

恋, 愛, 好き, 違い, 差異, 心の成長, 取捨選択, 幼さ, 罪, 罰

360 views

世の中の物語は愛を謳う。
本の中も、TVの中も、自分がうまれたのだってきっとそれらの積み重ねのうえでのものだろう。

でも、私は考える。
好きって、なんだろう。愛って、どう違うの?

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

好きと言われた日

椋晴  astrogation

執筆状況
完結
エピソード
6話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
恋, 愛, 好き, 違い, 差異, 心の成長, 取捨選択, 幼さ, 罪, 罰
総文字数
7,278文字
公開日
2019年04月19日 21:33
最終更新日
2019年04月19日 21:50
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

椋晴  astrogation

普段は二次創作の小説描きです。

オリジナルも書いてます。

友人の感想では「作者の闇が垣間見える」とひょうされますが、砂を吐くような甘い王道小説を描くのも好きです。

ゲーム系だとテイルズオブシリーズ・アニメ系だと魔法少女リリカルなのは関連多し。

百合もBLもNLも何でもかんでも書きたくなったら書きまくります。

オリジナル短編連載で書いていた「奇録」を、読みやすいようにバラして掲載しました。

この作者の他の作品

小説

2|その他|完結|1話|717文字

2019年08月27日 11:49 更新

価値観, 日常, ひねくれもの, 目線

なんでもない毎日の切り抜き なんてことのないやりとり そこにある棘のような ささやかな違和と抵抗感 命の選別が ただの日常にも存在しているのだと思い知る。

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|2話|10,367文字

2019年07月23日 21:43 更新

百合, 2.5次元, 中の人

《開始前の注意》  この作品には、名前など実在する人物のものが使われておりますが、現実に実在する方とは全く関係のない、 実在する人物とは無関係の文章になります。...

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|2話|7,618文字

2019年06月22日 00:00 更新

百合, 2.5次元, 中の人, ナマモノ

《開始前の注意》  この作品には、名前など実在する人物のものが使われておりますが、現実に実在する方とは全く関係のない、 実在する人物とは無関係の文章になります。...

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|2話|7,238文字

2019年05月24日 21:00 更新

百合, 2.5次元, 中の人, ナマモノ

《開始前の注意》  この作品には、名前など実在する人物のものが使われておりますが、現実に実在する方とは全く関係のない、 実在する人物とは無関係の文章になります。...

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|6話|7,278文字

2019年04月19日 21:50 更新

恋, 愛, 好き, 違い, 差異, 心の成長, 取捨選択, 幼さ, 罪, 罰

世の中の物語は愛を謳う。 本の中も、TVの中も、自分がうまれたのだってきっとそれらの積み重ねのうえでのものだろう。 でも、私は考える。 好きって、なんだろう。愛って、どう違うの?

小説

2|ホラー|連載中|2話|1,815文字

2019年04月05日 14:47 更新

ホラー, 日常, 猟奇, サスペンス

日常の中にある、ほんの些細な事。 その積み重ねで日々はできている。 1日をどうやって過ごすか。 命をどう燃やすか。 ひとりひとりの人間の生きた、それはー―ー

小説

2|ホラー|完結|1話|2,182文字

2019年03月30日 06:26 更新

ラストレター, ホラー, 猟奇, 夏

もう余り見ることのなくなってしまった電話ボックス。 スマホの電池が切れたとき。 緊急で連絡を入れなきゃいけない時。 それのまだまだ有用性があることはわかっていたのに、もう何年も使ってなくて、...

小説

2|自己啓発|完結|1話|2,585文字

2019年03月30日 05:27 更新

ラストレター, 仮面, 日常, 夢, 現実

なんてことのない毎日の消費。 消化するのは自分で、麻痺していく感覚に言い訳をして、 今日も一日を動き出そうとする。 周囲との軋轢。 世間体。 他人からの目線(フィルター)通した自分の価値を落とさぬために気をもんで...

小説

2|ホラー|完結|1話|1,737文字

2019年03月30日 04:46 更新

ホラー, 夏, 猟奇, サスペンス

暑い。 肌に纏わりつく湿気が皮膚呼吸を阻害する。 息苦しくて、犬が口を半開きにして歩きたくなるのがわかる。 今日は、特に暑い。 暑すぎる。 朦朧とする意識の中。 空からポツリと額に当たる水のようなもの。...

小説

2|ホラー|完結|1話|2,717文字

2019年03月30日 04:22 更新

ラストレター, ホラー, 猟奇, サスペンス

夏の空があった。 毎日は淡々と過ぎて、ただ消費されてゆく。 社会に出ても、それは変わらない。 ああ、だけど。 記憶の中に、どれだけのものを残していけるだろう。 俺の中に、 何か意味はひとつでもあったんだろうか。...

TOP