告知

作者 平 一

『未来の神話、口語訳。』

「Lucifer(ルシファー)」シリーズ第一作、「サタナエル」の
口語体・一人称バージョンです。

神や天使、悪魔や怪物は、人間自身の理想像や拡大像ではないでしょうか。
特に悪魔は、災害や疫病、戦争や犯罪といった悪しきものの象徴でした。
しかし人間自身が神魔の如き技術の力を得た今、それらは全て自己責任であり、
自分達が〝責任ある神々〟となって自らを助くべし(Y.N.ハラリ)、ともいわれます。

だとすれば、現代の神話とは、人々が自らの内なる悪魔を浄化し、天使の独善を自戒しつつ、
全てを活かして生き抜いていく物語なのではないか?と思います。
昔「泣いた赤鬼」という絵本を読み、
鬼さん達にも幸せになってほしいと思った世代でもありますので……(笑)。

またそんな時代には〝古代宇宙飛行士(古代の宇宙人)説〟のように想像の翼を広げ、
神話や遺跡などの古代史研究と、合理的・先進的な現代の科学研究を結びつけて、
双方への興味をかきたてるような考え方も面白い!と感じます。

文明論にも、興味があります。

今や、科学・技術だけでなく、経済・社会活動だけでなく、制度・政策だけでなく、
建物や物品のような物的資源だけでなく、健康や教育による人的資源だけでなく、
それらの背景にある自然・社会環境だけでもない、全ての要素からなり、
また世界全体で一体化しつつある人類文明が、
地球上で持続的に発展していけるかどうかを、問われている時代だと思うからです。

また地球の外に思いを馳《は》せれば、
広い宇宙に他の文明がありそうなのにまだ見つからない、
でもいつ見つかってもおかしくない、そんな時代だと思うからです。

そして現在では、人工知能という画期的な技術や、SDGsのように普遍的な政策が、
人類の次なる文明段階を拓《ひら》きつつあり、
文明全体を題材《モチーフ》にした知的想像(妄想?)も、
エンタテインメントになり得るのではないかと考えました。

よろしければ「〝Lucifer〟断章」など、
関連作品もお読みいただけましたら幸いです。

目次

完結 全1話

2020年03月26日 22:48 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
文明, 神話, 神, 魔王, 宇宙, 異星人, 歴史, 未来, 社会, 戦記
総文字数
2,107文字
公開日
2020年01月04日 13:34
最終更新日
2020年03月26日 22:48
ファンレター数
0