一般小説作品詳細

面倒臭い女

5|恋愛・ラブコメ|完結|1話|3,385文字

面倒な女, 短編, 恋愛, 女主人公, 日常, 結婚, 指輪

266 views

面倒臭い女だと切り捨てられたあの日から
私は面倒な女にならないよう気をつけてきた
なのに――――

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

面倒臭い女

  hiiragi9

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
面倒な女, 短編, 恋愛, 女主人公, 日常, 結婚, 指輪
総文字数
3,385文字
公開日
2019年06月10日 12:52
最終更新日
2019年06月10日 12:53
応援コメント数
1

応援コメント一覧

過ぎたるは及ばざるがごとし

一寸古臭い格言を持ち出して恐縮。 「面倒臭い女」の意味が分らないまま最後近くまで読み進み、 ストーリーは分かりましたが、「面倒臭い女」のほうは分からずじまい。 物語は柊さんらしい可愛らしいプチ・ミステリーで読後感がさわやか。 「面倒くさい」というのは、大学時代の彼氏の言葉とOLになってからの 彼氏の言葉の意味が違っていたのですね。 前の方は悪い意味で、後の方は良い意味だったとも言えますね。 短編でこれだけ含みのある作品を書けるのはお見事と云いたい。

作者プロフ

  hiiragi9

柊(ひいらぎ)と申します。
恋愛ものや現代ドラマ等を描いております。

カドカワビーズログ文庫「マイペースな君」


アメブロ
https://ameblo.jp/2hiiragi9/

Twitter
https://twitter.com/9hiiragi

この作者の他の作品

小説

23|恋愛・ラブコメ|連載中|11話|63,183文字

2019年07月18日 15:26 更新

恋愛, シリアス, 一方通行, 現代ドラマ, 幼馴染, 家族

幼馴染の芹沢兄弟 兄の洸太と弟の奏太 主人公の望月菫は、旅に出たまま帰らない恋人の奏太をずっと待っていた 連絡もないまま過ぎ行く毎日の中、兄の洸太が菫を心配する...

小説

46|学園・青春|完結|28話|107,178文字

2019年07月13日 07:36 更新

バンド, ギター, 音楽, 記憶, 青春, アウトロー

主人公成人は 可愛がってもらっていたバンドマンとの間に起きた出来事に縛られ、 隠れるようにして音楽にすがり付いていた。 デビューという言葉がまとわりついてくる日常から目を逸らし、...

小説

5|恋愛・ラブコメ|完結|1話|3,385文字

2019年06月10日 12:53 更新

面倒な女, 短編, 恋愛, 女主人公, 日常, 結婚, 指輪

面倒臭い女だと切り捨てられたあの日から 私は面倒な女にならないよう気をつけてきた なのに――――

小説

7|恋愛・ラブコメ|完結|30話|58,664文字

2019年05月30日 16:10 更新

恋愛, 不器用, 青春, 家族, 歌

僕は君が歌を歌う理由(わけ)を知っている―――― なのに、いつだって何もできずに後悔してばかりなんだ――――……

小説

4|ファンタジー|完結|1話|4,219文字

2019年05月14日 12:44 更新

恋愛, 現代ファンタジー, アンドロイド, 有限, 時間, 最後の三分間, 短編

時間には限りがあると彼は言った 有限な時間の中で 私は彼に大切なことを教えてもらった

小説

4|恋愛・ラブコメ|完結|1話|3,842文字

2019年04月18日 12:37 更新

ラブコメ, 正月, コメディ, 一人暮らし, 彼女, キス, 短編小説, 青春

俺の城を侵すやつは誰だ! 正月早々甘えまくりの彼女は 炬燵の上のみかんを貪り食う イチャコラするならよそでやってくれ――――

小説

4|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,997文字

2019年04月01日 13:00 更新

【許せない】, 恋愛, 悔しい, 想い, 同期, あなただけは許せない

私は、どうやったらあいつに勝てるのだろう。 同期の大沢には、何をやっても敵わない。 得意気なあの顔を、何とか歪めてやりたいのだけれど……。 脳内で繰り広げられる対決のシミュレーション。...

小説

11|恋愛・ラブコメ|完結|29話|98,642文字

2019年01月23日 12:11 更新

ジャズ, ピアノ, クラシック, ジャズギター, バー, 罪, 贖罪, 長編, シリアス

クラシックピアノから逃げ出した彼女が惹かれたのはジャズの世界 ジャズを教えてくれた天才ジャズギタリストのおかげで再びピアノに触れるが 彼女は彼の運命を大きく変えていた――――

小説

4|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,193文字

2018年12月10日 08:42 更新

彼岸, 曼殊沙華, おはぎ, 祖母, ラムネ

太陽は真東から昇り 真西に沈む その日を忘れないために 懐かしいあの頃を思い出す――――

小説

5|現代ドラマ・社会派|完結|1話|2,013文字

2018年10月05日 12:04 更新

紫陽花, 梅雨, 傘, 切ない

傘と紫陽花を手にして、彼女は毎年僕の前に現れる 彼女はどうしていつもこの季節にやってくるのだろう 気になる僕は彼女を追うのだけれど その先には――――

TOP