錦濤宮物語 女武人ノ宮仕ヘ或ハ近衛大将ノ大詐術

作者 鷲生智美

[歴史]

2

803

0件のファンレター

平安時代を舞台にしたファンタジー小説です。
(あらすじ)
訳あって港街・錦濤で育った十歳の姫宮が新東宮として京の都に上る。護衛の女武人・翠令も同行するが、途中で盗賊の白狼に襲われる。そこに近衛大将・佳卓が助けに来た…のだが…。
才色兼備で身分も高いがアクも強い上官・佳卓のもと、傲岸不遜な白狼とともに宮仕えに馴染んでいく翠令。しかし、佳卓と双璧と称される文官随一の能力者・円偉の影がちらつくようになる。
京の都を追われた元野盗の白狼が、やんごとない悲劇の姫君につきつけた要求とは?
円偉が愛しているのは、男か女か、それともそれを問うても無駄なのか?
そして、追い詰められた皆を救うため佳卓が講じた奇策とは?
平安時代を舞台に、恋と友情と主従愛、そして政争とがダイナミックにからむファンタジー。人間ドラマをお楽しみください!
完結済みの草稿があり、定期的に推敲の上で投稿しています。完結するのは確かですので、その点についてはご安心下さい。
「カクヨム」、「小説家になろう」にも投稿しています(カクヨムが一番早いかと思います。https://kakuyomu.jp/works/16816927860647624393
6月16日現在「四十九 円偉、憤る」掲載しています)

目次

連載中 全30話

2022年08月11日 20:00 更新

  1. 序 姫宮、錦濤の港から出立する2022年06月11日
  2. 女武人、翠令の宮仕え

  3. 一 翠令、異変に覚悟を決める2022年06月11日
  4. 二 翠令、斬りかかる2022年06月12日
  5. 三 翠令、激昂する2022年06月12日
  6. 四 翠令、清涼殿に上がりそこねる2022年06月18日
  7. 五 翠令、典侍に戸惑う2022年06月19日
  8. 六 翠令、竹の宮の姫君の話を聞く2022年06月20日
  9. 七 翠令、再び激昂する(一)2022年06月24日
  10. 八 翠令、再び激昂する(二)2022年06月25日
  11. 九 翠令、気遣われる2022年06月26日
  12. 十 翠令、円偉の本を読む2022年07月01日
  13. 十一 翠令、典侍の悔恨を聞く(一)2022年06月14日
  14. 十二 翠令、典侍の悔恨を聞く(二)2022年07月03日
  15. 十三 翠令、大学寮に赴く2022年07月08日
  16. 十四 翠令、痛みを覚悟する2022年07月09日
  17. 十五 翠令、酒を酌み交わす2022年07月10日
  18. 十六 翠令、失せ物騒動に遭う(一)2022年07月15日
  19. 十七 翠令、失せ物騒動に遭う(二)2022年07月16日
  20. 十八 翠令、佳卓を賞賛する2022年07月17日
  21. 十九 翠令、街へ出る2022年07月18日
  22. 二十 翠令、騎射を拝見する2022年07月22日
  23. 二十一 翠令、甘えられる2022年07月23日
  24. 二十二 翠令、佳卓を気遣う2022年07月24日
  25. 二十三 翠令、弓を習う2022年07月29日
  26. 二十四 翠令、矢を射るコツを聞く2022年07月30日
  27. 二十五 翠令、陰口を叩かれる2022年07月31日
  28. 二十六 翠令、月下の弦を聴く2022年08月05日
  29. 二十七 翠令、佳卓の昔の恋を聞く(一)2022年08月06日
  30. 二十八 翠令、佳卓の昔の恋を聞く(二)2022年08月07日
  31. 二十九 翠令、姫宮のお口に不安を覚える2022年08月11日
  32. 第二部 貴人、竹の宮の姫君への物思い 

  33. 幕間 第三の男、円偉の憤怒

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

錦濤宮物語 女武人ノ宮仕ヘ或ハ近衛大将ノ大詐術

鷲生智美  washusatomi

執筆状況
連載中
エピソード
30話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
和風ファンタジー, 平安ファンタジー, 平安時代, 女武人, 恋愛, ハッピーエンド
総文字数
157,347文字
公開日
2022年06月11日 19:27
最終更新日
2022年08月11日 20:00
ファンレター数
0