一般小説作品詳細

終焉のリリカ

9|ファンタジー|連載中|17話|38,636文字

ダークファンタジー, 世界の終わり, 歌劇, シリアス, 鬱, 残酷な描写あり

415 views

病んだ太陽が血を流し、生ける屍と魔術がはびこる老いた地球。
大地は千々に引き裂かれ、神に見放された人々は、希望が存在しない世界でのあてどない彷徨をさだめづけられていた。

滅びの歌劇をめぐる小説集。

【漂流民――水相におけるイグニスからネメス】
 老いた地球。人間が現実として認識できる世界は、無数の〈相〉に分かたれている。
 かつて他の〈相〉を支配するほど強大な力を持った〈水相〉は、今や全ての陸地を失い、没落の一途を辿っていた。
 海に浮かぶ小さな都市で、貧しい少女ウラルタは未来の日付の手紙を受け取った。差出人は自分。ウラルタは手紙が来た道を逆にたどり始める。旅の先に、終わらない漂流の理由がある事を信じて。


【死の谷――発相におけるネメス】
 冷たい死の女神の星は、十五年に一度、夏至の夜に生まれた赤子を生贄に要求する。十五歳を迎えた生贄の娘リディウはさだめに従い、封印されたネメスの大聖堂図書館に向かった。
 もしも自分が生贄にふさわしいと認められなければ、またも新たな生贄が求められることになる。リディウは生贄の役を果たし、失われた歌劇場への入り口を見つけることができるのか。


【ヴェルーリヤ――石相におけるジェナヴァ】
 人々を痛みから救いたい。神に願いを聞き入れられ、人間の姿を与えられた善き精霊がいた。彼は望み乞われるまま人々を癒やし続けるが、欲深さによって傷つけられて以来、心を閉ざしてしまい――。


【王の荒野の王国――木相におけるセルセト】
 タイタス国との終わらない冬戦争によって荒廃したセルセト国では、王は生きながら腐り果て、無能な第一王女ブネは、王の荒野の彼方に眠る男の幻影に恋焦がれていた。
 第二王女ニブレットは、腐術によって死の眠りから呼び起こされた。彼女に下された指令は、王の荒野の彼方から、月の光を食べて生きる青年を見つけ出すこと。しかし、偉大なる渉相術師の死の影響によって荒野は思いもよらぬ変貌を遂げていた。

【意味と狂人の伝説――収相におけるナエーズ】
 肥沃な土と厳しくも美しい自然に恵まれた島、ナエーズ。セルセト国によって平定されて以来、急速な異文化の浸透によって各地の紛争は終息したかに思われたが、その平和は山岳民族の独立宣言によって脆くも崩れ去った。町では民族の違いを理由に隣人同士が殺し合い、その根深い恨みと対立の前に、セルセトの治安部隊は無力を晒すしかない。
 孤立した都市カルプセスでは、セルセト軍が過酷な決断を下した。それは、生存の可能性をかけて、カルプセスを見捨てて安全地帯である新シュトラトへ逃げる事。セルセト人である星占(ほしうら)の娘ラプサーラは、その行軍に同行した……行く先に、生きる望みがあると信じて。

【歌劇――あるいは破滅への神話】
 かつて希望を求めて水相から旅を始めた少女ウラルタ。そのほんとうの結末は。

全6話。

(この小説は、2013年~2015年にかけてブログで連載していた小説『Lirica』を改題したものです)

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

終焉のリリカ

とよね  Toyone

執筆状況
連載中
エピソード
17話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ダークファンタジー, 世界の終わり, 歌劇, シリアス, 鬱, 残酷な描写あり
総文字数
38,636文字
公開日
2019年02月11日 14:52
最終更新日
2019年02月11日 22:51
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

とよね  Toyone

趣味で小説を書いています。
ずっと個人ブログで作品を公開していましたが、2017年の『聖書ラノベ新人賞』を機に会員登録させていただきました。
よろしくお願いします。



ツイッターアカウント @Toyo_ne
小説ブログ『冷凍されたオシドリとチューリップ人の王国』http://reitouoshidori.blog.fc2.com/

この作者の他の作品

小説

太古、言葉は歌であり、星たちはみな歌った。 歌は万物を調律し、生命の持続可能な領域を宇宙に創り出した。 それは語られる創世ではなく、自ら語る創世の歌。 『はじめに言葉があったのだ』...

63|ファンタジー|連載中|36話|122,817文字

2019年01月27日 15:09 更新

SF, ファンタジー, アースフィアの戦記, 戦記, バトル, アクション, 群像劇, 冒険活劇, 神話

小説

病んだ太陽が血を流し、生ける屍と魔術がはびこる老いた地球。 大地は千々に引き裂かれ、神に見放された人々は、希望が存在しない世界でのあてどない彷徨をさだめづけられていた。 滅びの歌劇をめぐる小説集。...

9|ファンタジー|連載中|17話|38,636文字

2019年02月11日 22:51 更新

ダークファンタジー, 世界の終わり, 歌劇, シリアス, 鬱, 残酷な描写あり

チャット

「さあ――  顔と心を歪ませて、私を憎みなさい」 ■ ガイア教。 忘却の彼方。ガイアは人類を生み出して、四つの星に送り込んだ。  第一の星はピション。  第二の星はギホン。  第三の星はチグリス。...

46|ファンタジー|連載中|17話|24,448文字

2019年02月03日 18:20 更新

シリアス, ロードノベル, バトル

小説

 自転が止まった惑星・アースフィアは、三つの領域に分け隔てられていた。  永遠の昼が続く『太陽の王国』。輪郭を失った化生(けしょう)たちが跋扈する『夕闇の領域』。そして、永遠の夜が天蓋を覆う『夜の王国』。...

29|ファンタジー|完結|124話|641,303文字

2019年01月25日 21:05 更新

アースフィアの戦記, SF, ファンタジー, 戦記, バトル, アクション, 群像劇

小説

この世界で出会ったすべての人が、本当はもっと優しく生きられたはずだった。 ■この作品はチャットノベル版を先に公開しておりますが、本編の後にチャットノベル版未収録の番外編をおつけします。...

6|ファンタジー|完結|30話|190,237文字

2018年10月14日 18:48 更新

アースフィアの戦記, アクション, バトル

チャット

時空の辺境、遠い異星・アースフィア。そこは、捨てられた被造物たちの墓場。 言葉が望むなら、太陽までもが堕落する世界。 暗い世界。 寒い世界。 異形のモノどもが人を喰う、不変の夕闇の世界――。...

87|ファンタジー|完結|51話|135,747文字

2018年09月09日 09:27 更新

SF, ロードノベル, 聖書, シリアス, アダルトチルドレン, アースフィアの戦記, アクション, バトル

小説

 自転が止まった惑星・アースフィアは、三つの領域に分け隔てられていた。  明けない夜が支配する『死無の領域』、輪郭を失った化生(けしょう)たちが跋扈する『夕闇の領域』、そして永遠の昼が続くとされる『太陽の王国』。...

19|ファンタジー|完結|49話|191,447文字

2018年08月10日 18:11 更新

アースフィアの戦記, SF, ファンタジー, 戦記, バトル, アクション, 世界の終わり

小説

これ以上どこをさまよえば、あなたに会えるのだろう。 ■...

24|SF|連載中|19話|155,368文字

2018年05月08日 07:04 更新

聖書ラノベ新人賞, 聖書, キリスト教, ノアの方舟, 近未来, ファンタジー, SF, ボーイミーツガール

TOP