一般小説作品詳細

同居癖。

2|現代ドラマ・社会派|完結|13話|11,026文字

金曜日, 街, 夜, 同居, 依存, 依存症, 金曜ロードショー, ソーダ味のアイス, 深夜のコンビニ, 春

3,240 views

金曜日の夜、金曜日ロードショー、深夜のコンビニ、ソーダ味のアイス……。私達は何かに依存しながら生きている。
今夜は、2人で過ごす最後の夜。

1話1話が、とてもショートです。
「小説家になろう」でも掲載しています。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

同居癖。

濃紺色。  Uemura1997

執筆状況
完結
エピソード
13話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
金曜日, 街, 夜, 同居, 依存, 依存症, 金曜ロードショー, ソーダ味のアイス, 深夜のコンビニ, 春
総文字数
11,026文字
公開日
2019年04月09日 19:01
最終更新日
2019年08月14日 08:42
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

濃紺色。  Uemura1997

悪、夜、街。濃紺色に満ちた物語達。

この作者の他の作品

チャット

2|ホラー|完結|17話|54,391文字

2019年08月21日 22:58 更新

路地裏, セブン, 悪, ヴィラン, 映画, 監督, 凶悪集団, 殺人鬼, 殺し屋, 夜

懊悩と悪意に満ちた、東京のどこかに存在する犯罪都市、N。悪が蔓延るこの街で、人々は無様に溺れていく。いかにして悪が生まれ、集結するのか。路地裏系ヴィラン達の短編集。 「小説家になろう」でも掲載しています。

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|50話|135,546文字

2019年08月21日 22:44 更新

南沢寺, エモい, 短編集, サブカル, 危険, 悪意, 夜, 街, 制裁, 演劇

南沢寺。東京のどこかにある、サブカルと危険に溢れた街。「胸が騒つくような……そんな未来が待ってる気がするよ」。悪と夜が蔓延るこの街で、人々は惰性的に生きている。短編集。...

チャット

6|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,031文字

2019年08月14日 23:07 更新

真夏, 少女, 大学生, 高校生, 電車, 小旅行, 田舎, 海, 駅, 東京

青空広がる夏、遠い街、知らない駅、名前も知らない少女が微笑んだ。白くて柔らかく、儚くて脆い、狂おしい程に胸が締め付けられる笑みだった。僕はあの日、真夏を知った。 「小説家になろう」でも掲載しています。

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|13話|11,026文字

2019年08月14日 08:42 更新

金曜日, 街, 夜, 同居, 依存, 依存症, 金曜ロードショー, ソーダ味のアイス, 深夜のコンビニ, 春

金曜日の夜、金曜日ロードショー、深夜のコンビニ、ソーダ味のアイス……。私達は何かに依存しながら生きている。 今夜は、2人で過ごす最後の夜。 1話1話が、とてもショートです。 「小説家になろう」でも掲載しています。

小説

2|学園・青春|完結|14話|15,881文字

2019年07月31日 23:53 更新

リコーダー, 舐められたい, 加害者, 刑事, 被害者, 教師, 小学生, 教室, 悪意, 事件

加害者、刑事、被害者、教師。4人の「許せない」が集まった教室。事件は6年1組で起きている。 小学生の悪意に、幸あれ。 「小説家になろう」でも掲載しています。

チャット

10|学園・青春|連載中|19話|7,987文字

2019年07月28日 00:17 更新

LINE, 高校生, いつメン, 4人組, 男女, 青春, 依存症, グループ, ゴンザレス, アリス

俺達の青春はLINEに支配されている。 いつメン4人のLINEグループ、覗いてく? 全面、涼夜のLINEグループの画面視点です。 「登場人物紹介」でキャラ紹介してます。

小説

2|ホラー|完結|16話|44,410文字

2019年07月19日 13:25 更新

藍蟲町, 藍蟲町ワンダーランド, ワンダーキャッスル, 廃園, 拷問部屋, 殺人鬼, チェーンソー, 能面, 大学生, スラッシャー

「藍蟲町ワンダーランド」。藍蟲町に存在する不気味な廃園。そこにあるアトラクションの1つ、「ワンダーキャッスル」の地下には「拷問部屋」があると言う。黒い噂が絶えない廃園。チェーンソー、能面、檻、「拷問部屋」……僕達を待ち受ける...

チャット

9|現代ドラマ・社会派|完結|1話|3,898文字

2019年05月30日 19:57 更新

三軒茶屋, 散歩, 夜, 街, 大学生, ヴィレヴァン, すずらん通, 居酒屋街, 涼夜, 楓

今夜は君と三軒茶屋を歩く。眠る前に少しだけ。無意味で無価値かもしれない。それでも、夜の街を歩いてしまうんだ。

TOP