セリフランキング

  • 1

     眠ると  消える  それだけが救い  いないのが救い  生まれなかったようで救い  眠らないと  消えない  それだけが辛い  いるだけで辛い  生まれてしまったから辛い
    0

    7|作品名ぼくを葬る その他の詩作者yuji-koumoto

  • 2

     私達が初めてお互いの存在を認識したのは某SNSでした。  みなさんはこれを聞いて軽蔑する人が多いことでしょう。  私自身も正直、彼と出会うまでは先輩の先輩とはいえSNSで急に話しかけてくる人と会うのは如何なものかと考えていました。  そのSNS上でのやり取りではたわいない会話をしていました。彼は自身の事を教えてくれていたのですが、私自身は絶対に自分の情報を教えていませんでした。かなり警戒していたのを覚えています。  それは彼への印象が原因でした。  やり取りをしている途中での彼への第一印象を一言で表すならば"ヤンキー"でした。それも割と悪さをしているタイプのです。  こういった理由から私は偽名まで使って情報を隠していました。  しかしやり取りをしていく中で彼が野菜が嫌いな事、今は真面目に仕事をしている事などが分かり、彼が良い人だということも分かっていきました。  そしてやり取りをするようになって数ヶ月経ち、距離が割と近いため実際に会わないかと言われました。  その頃には交流のある先輩の先輩という事もあり少しだけ会うならば許容範囲内だと考えていたため、会う事にしたのです。
    0

    2|作品名愛するために愛されるために作者youdesuyo

  • 3

    オレは5歳で施設に入った。 施設にはいろんな遊具があり、オレは夢中になって遊んでいた。 遊び疲れると施設の部屋の中で寝ていた。 起きるとオレを連れてきた親父はいなくなっていた。 オレは泣いた。大声で泣いた。施設の先生はただ見つめていた。(ここは脚色している本当は今思い出すと抱きしめてあやしてくれたような気がする) 夜になるとみんなで食堂の中で食事をした。 オレはその時初めて兄貴と会った。兄貴は笑っていた。 兄貴はどこか遠くにいったのかと思っていた。 兄貴はいたんだ。兄貴はそこにいた。みんなと仲良く喋っていた。 最初の記憶は母親と兄貴が前を歩いていた。 オレはただそれを眺めていた。 兄貴はオレを見たが母親についていった。 オレはあまり施設に入っている時の記憶が段々無くなってきている。 小学校のときのオレは学校では悪い子。施設では良い子。 そういう風に自分を使い分けていた。でも中学校に入ってくるとそのバランスは崩れていった。 たぶん面倒くさくなったのだろう。 でも中学校になっても怖い施設の先生はいた。松崎先生と言ってオレが小1くらいに入ってきたときの先生だからオレら兄弟はこの先生に愛情を受けて育った。その分怖さもあった。 オレは中2の頃吹奏楽部に入っていた。 その吹奏楽部は夏休みに入るとほぼ毎日練習でオレは全然上達もしないしまー落ちこぼれだったからもう行くのがいやになっていた。朝、学生服を着て荷物には私服を入れていく。途中で着替えて遊びに行ってまた学生服を着て施設に帰った。 帰ると松崎先生は『おかえり今日どうだった?』と聞かれオレは適当に嘘を言った。 瞬間に蹴りが飛んできた。全部わかっていた。吹奏楽部の先生が電話をかけていたらしい。...
    0

    2|作品名誰かへ作者SHINGP

  • 4

    花の香りふわり   僕の心くすぐる 世界が暗転すれば  きっと君は現れる 声にならない声   僕は少しだけ寂しくなる 思い出のテープ   ゆっくりと回り出す 温くなった空気に  ゆらゆらと溶け出す 切なさに空が    青さを増す 君と一緒に聞いた曲 今ではすっかり聞き飽きて 見ている空も 聞いてる音も 歩む道も 繋がらず   重ならず   交わらず 夕闇に今一度消える そっと目を閉じる 流れては広がって  春の風にさらわれていく 僕らの明日は    決して溶け合わず
    0

    2|作品名詩集 その2作者aptorojp

  • 5

    この世で器用に生きすぎてはいけない 反逆の狼煙は今か今かとその時を待つ この世で綺麗に生きすぎてはいけない 迷宮が口を開けてその時を待っている この世で無様に生きすぎてはいけない 迷い込んだ森の奥でそれは待っている この世で不毛に生きすぎてはいけない 開いた傷口が閉じ切らないで祈ってる
    0

    2|作品名詩集 その2作者aptorojp

  • 6

    寒い夜に首を長くして待つ 息は白く 手足はすっかりかじかんで ほうき星が語り掛ける その欠片が 夜空に長く尾を引いて 談笑はいつまでも続く 60年という月日は余りに長すぎて 語り尽くせない景色がある 人もほうき星も薄々それには気づいていて 決して互いに分かりあうことは無く 夜が 彼らの時間に対して余りに短すぎて
    0

    2|作品名詩集 その2作者aptorojp

  • 7

     鋼のように強靭な詩を読んだときの  あの脊髄の痺れ  雪のように淡く哀しい詩を読んだときの  あの胸の震え  影のように黒々と暗鬱な詩を読んだときの  あの指先の戦慄  獣のように荒々しく恋い焦がれる詩を読んだときの  あの魂の焔《ほむら》  ぼくに詩を書く才能はないし  必然性も運命もないが  だれよりもうまく言葉と遊んだ人たちが残してくれた  なにゆえにか生まれてくれた透きとおった言葉たちへの憧れが  ぼくの手習いを持続させる
    0

    7|作品名ぼくを葬る その他の詩作者yuji-koumoto

  • 8

    誰に迷惑かけとるわけでもなし、それが観光名所の一つになるならば、よかろうて(笑)そんなわけで、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑とおまけの水戸黄門が集まる街「円頓寺商店街」、みなさんも名古屋に行かれた際はぜひ足を運んでみてつかあさい!
    0
  • 9

    そんなノリでいいのか……?
    0
  • 10

    たぶん時代劇好きなんじゃろうなぁ(笑)
    0
  • 11

    しかし、前田利家像はまだいいんですが、徳川吉宗像や大岡越前像って……
    0
  • 12

    納期もあっただろうし、無理なら断るしかないな。
    0
  • 13

    本当は他にも前田利家像や徳川吉宗像や大岡越前像も計画にあったそうなんじゃが、日本美術専門学校側が「多い!無理!」いうて断ったそうな。
    0
  • 14

    マジか……。
    0
  • 15

    その不動産屋が好きだったそうな。ちなみに水戸黄門は水戸出身であり、名古屋の地に居住したこともない。スポンサーの完全な趣味じゃな(笑)
    0
  • 16

    で、水戸黄門は?
    0
  • 17

    実はあの像は地元名古屋の不動産会社が、「三英傑の像がそろった場所がないのはさみしい。 地元名古屋にこそそれを作るべきだ」として、日本美術専門学校に依頼を出して作ったものらしいんじゃ。
    0
  • 18

    水戸黄門像がなんであるんだ?
    0
  • 19

    あれは水戸黄門像じゃな。
    0
  • 20

    あれはなんだったんですか?
    0
  • 21

    ばれたか、じゃねえよ!
    0
  • 22

    ばれたか(笑)
    0
  • 23

    最後、なんか混じってましたよ!
    0
  • 24

    ちょっと待て!
    0
  • 25

    0
  • 26

    G4の必殺技をことごとく破ったライカンスロープは、勝ち誇ったような笑顔を浮かべると、大きなハウリングをした。その音波はすさまじく、周囲の建物の窓ガラスが割れたり、建物自体にひびが入ったりした。G4も全身を無数の針で刺されたような感覚に襲われた。 「うわっ…!」 「体中が痛い…」 「やべえ…!」 「ううっ…」  ハウリングの影響はそれだけではなかった。あろうことかG4のディヴァインフォームが解除され、普通の服装に戻ってしまったのだ。 「ええっ、ディヴァインフォームが解けてる!?」  G4は自分たちに起こったことが信じられなかった。ライカンスロープは4人を一瞥した。 「ホモ・サピエンス、ゲームはお預けだ。3日後、ウッディヘンジ遺跡に来い。そこでおまえたちを葬る」  それだけ言うと、風のように去っていった。  G4は、しばらく立ち上がることができなかった。           - TO BE CONTINUED -
    0

    7|作品名グレイ家の兄弟作者君影 舞美 muguet_maimi

  • 27

    0
  • 28

    0
  • 29

    0
  • 30

    ほうじゃの。で、とくに織田信長と豊臣秀吉は名古屋出身なんでな、名古屋市の円頓寺商店街には、その金銀銅の三英傑像があるんじゃ。これがそうじゃ!
    0
  • 31

    ほんと、すごい話だよな。
    0
  • 32

     フレディは赤く細い布を粗く巻いたような露出の多いトップスと黒いベストのようなアーマーに黒の革パン、ブライアンは青い布を巻いたようなトップスと左腕をがっちり守っている黒ベスト風アーマーに黒の革パン、ロジャーは黄色い包帯を巻いたように所々肌の見える、軽くエロいトップスと黒の革パン、そしてジョンは茶色のトップスに両肩と左腕を守る黒いアーマーに黒の革パンといった服装に変わった。また、フレディは炎の翼、ブライアンは水の翼、ロジャーは雷の翼、ジョンは土の翼が背中に生えていた。 「ほう、コスチュームチェンジか。そのうえ翼まである。これはハードモードの上のハードモード、心が躍る!!」  ライカンスロープは、G4のフォームチェンジに驚くどころかそれを待っていたかのようなリアクションをした。  ディヴァインフォームになったG4は、低空に浮かびながらライカンスロープを囲んだ。フレディは自慢のスピンキックをしたが、ライカンスロープはイナバウアーのような体勢でそれをよけた。ブライアンは両手の親指を組んで両腕を突き出し、三角形を作った両手から激流を発射した。彼の技はライカンスロープの胸と左肩の間を直撃したが、人狼は少し体をのけぞらせただけで、平静な顔をしていた。その様子を見て、ブライアンは小さく歯ぎしりした。  今度はロジャーが雷の短剣を作り出し、俊敏な動きでライカンスロープを攻撃を加えたが、敵のほうもロジャーを上回るスピードでよけ続けた。両者の攻防がやむと、ロジャーが息を切らしながら言った。 「こいつの強さ、異常だぜ」  するとジョンが前に出た。 「兄さんたち、みんなそのまま浮かんでて」...
    0

    7|作品名グレイ家の兄弟作者君影 舞美 muguet_maimi

  • 33

    答えは三人とも愛知県じゃ!
    0
  • 34

    以前、どこかで言っていましたね……。東海地方の方でしたっけ?
    0
  • 35

    おう、ご名答。じゃあ、三人の出身地がどこかわかるか?
    0
  • 36

    たしか、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三人でしたっけ?
    0
  • 37

    三英傑って聞いたことがあるか?
    0
  • 38

    G4が噴水で有名な大型広場の「ソルシティスクエア」に足を踏み入れると、ちょうど同じタイミングで、腰に布か何かを巻き、カーキ色のトレンチコートを着た銀髪の壮年の男が向かいから歩いてきた。しかも、手の甲で荒々しく口を拭きながら。G4は、彼が普通の人間ではないと直感した。男はG4を一人一人見ると、口を閉じたまま不敵な笑みを浮かべた。 「強者のオーラを発しているのは、おまえたちか」 「誰なんだ、あんたいったい」  フレディがその男をにらみながら尋ねると、男は軽く笑って答えた。 「俺か?俺はライカンスロープ。『滅びをもたらす獣』だ」  「獣」というワードを聞き、G4はファイティングポーズをした。ライカンスロープと名乗る男は、腰に巻いていたものをおもむろに外し、それを彼らに見せた。 「このカーディガンに見覚えはあるか?」  そのカーディガンは女性物で、かなり広範囲に血のりが付いていた。ジョンがあっと息をのんだ。 (あのカーディガン、前に僕たちをだました女が着ていたものだ…) 「おまえ、あの女に何をした!?」  彼が思わず大声で尋ねると、男は見下すような顔つきをした。 「あぁ、あいつは俺が消した」  男が話した事実の衝撃の大きさに、G4は声が出なかった。 「あの女がガルーを裏切ったからか」  ブライアンが問うと、男はぞっとさせる声と目つきで答えた。 「いいや、やつがホモ・サピエンスだからだ」  それを聞いたG4は、凍り付いた。 「もっとも、あの女はイージーモード以下で、俺にとっちゃ退屈でしかなかったがな」  ライカンスロープは、女の形見のカーディガンをポイ捨て感覚で放り投げた。彼の態度に、G4は怒りを燃やした。しかしライカンスロープはニヤリと笑った。 「強者のオーラをまとうおまえたちが相手なら、難易度の高いゲームが期待できる」...
    0

    7|作品名グレイ家の兄弟作者君影 舞美 muguet_maimi

  • 39

     ― イギリス・ソルシティの一角で ―  あのG4最大の危機から1カ月たったある日のこと。G4はそろって自宅の1階のリビングでミルクティーを飲んでいた。長男のフレディがミルクティーを一口飲むと、話しだした。 「そういや最近、ガルー関連の事件が起こってないな」  弟たちは同じタイミングでうなずいた。 「あ~確かに。ガルーのことで騒がなくなったよな」  三男のロジャーが言った。 「もしかして、ガルー族ってあのクズ親子しか居なかったのかな」 「いや、んなこたないだろう」  四男のジョンの軽い推測を、次男のブライアンがさらっと否定した。 「もしかすると、俺たちに恐れをなして種族全員別の地へ逃げたのかもな」  ロジャーが冗談っぽく話すと、ジョンが失笑した。  そんなゆるい会話をしていると、ロジャーのスマホに「BREAKING NEWS」を知らせる音が流れた。 「あ、ブレーキングニュースだ」  彼がすぐにニュース画面を開くと、「ソルシティ警察署 何者かに襲撃される」という見出しが書かれていた。これを見た長男と三男は固まった。記事を読むと、ソルシティ警察署に何者かが侵入、そこの警察官全員の命が奪われ、犯人はいまだ捕まっていないというあまりにも衝撃的な事実が分かった。 (ここまで凶悪なことをしでかすのは、どう考えても普通の人間じゃない…)  フレディの脳内には、人類を脅かすあの怪物の姿が浮かんだ。すると横からロジャーが話しかけてきた。 「警察官を簡単に倒すとか、まさかまだガルーがこの地に…?」 「だろうな。こういうことをするのは、やつらしかいない」 「このまま放っとけば、もっとまずいことになる。止めに行こう」  ブライアンの提案で、G4は街中へ向かった。
    0

    7|作品名グレイ家の兄弟作者君影 舞美 muguet_maimi

  • 40

    【パウ】  人類が最後に紙に文字をつづったのは完全自律型AIが世に誕生してから三年後のことだった。完全自律型AI「パウ」は、生命体の総じてをインターフェイスに置き換えることで、事実上の爆発的な進化を生物にもたらした。それは一見すれば、技術的特異点との区別をつけるのは難易ではあったが、パウが自己変革を際限なく行えたわけではないという一点で、ほかの事象であると峻別された。  パウは極小のインターフェイスを開発し、それを地球上に存在するあらゆる螺旋構造(DNA)に対して、融合させた。そこにウィルスや細菌類、多細胞生物の垣根はなく、世の生命体のことごとくがパウの一存により、インターフェイス化し、デバイス化し、データ化した。  生命体はひとつの巨大な個として繋がった。種族の枠組みは取り払われ、個と個の区別もまた曖昧となった。世から社会はなくなり、あるのはただ、個が寄り集まり築かれる巨大な回路だけとなる。  人体がさまざまな細胞や細菌、ウィルスによってその構造を維持し、活動をつづけるように、パウによってひとつに結びついた生命体という群れは、相互に関連し、働く、巨大な生命体として再構築された。  あなたは私であり、私はあなたたちであり、あなたたちは私の一部であり、私はあなたたちである。いくえにも重複し、融合し、干渉しては打ち消し合う私たちは、総体としての【私】を感じることなく、これまでと変わらぬ生活を送りながら、そのじつ、意思疎通の必要性はなく、螺旋構造を有する万物と並列化していながらにして、並列化しているがために、淡々と独立した活動をつづけるのである。...
    0

    2|作品名パウ作者stand_ant

  • 41

    ツッコまねぇからな
    0
  • 42

    0
  • 43

    まあ、そうだね
    0
  • 44

    普通でいいよもう
    0
  • 45

    じゃあガンプラで囲むか
    0
  • 46

    なにがしたいのかわかんねえよ
    0
  • 47

    0
  • 48

    うまく加工して、このブロリー に投げさせる
    0
  • 49

    ごちゃごちゃしてるなあ
    0
  • 50

    0
  • 51

    小さいやつにはこういうパターンも
    0
  • 52

    イミワカンナイ!
    0
  • 53

    0
  • 54

    こういうパターンもあるよ
    0
  • 55

    うぜぇ
    0
  • 56

    0
  • 57

    聞くのはいいけどよ、どうせアタシがこうしろって言っても、好き勝手やるんだろ?
    0
  • 58

    それな。どの方式で撮るのが一番いいだろう
    0
  • 59

    皿とかいちいち入れるの大変だなこれ。つーか、入るのか?
    0
  • 60

    0
  • 61

    最後のやつは、グッズレビュー記事書くときに使用している簡易ボックスなんだ
    0
  • 62

    見やすさなら、最後のか?
    0
  • 63

    どれが見やすい?
    0
  • 64

    0
  • 65

    0
  • 66

    0
  • 67

    おう
    0
  • 68

    まーね。ところで、今からいくつかの写真を貼るから、それをみてほしいんだ
    0
  • 69

    多く感じるなら、別にいいじゃねーか
    0
  • 70

    0
  • 71

    わりと多めに感じるけど、割ってみると真ん中はチーズ少ないっていうね
    0
  • 72

    チーズたっぷりだな
    0
  • 73

    0
  • 74

    普通のお菓子
    0
  • 75

    ふつうにスーパーとかに売ってるやつか?
    0
  • 76

    0
  • 77

    株式会社きららっての見つけました。芳文社とは関係ありません
    0
  • 78

    襲いかかってきた奴のデータは「猟犬」とする。PC①-B、PC①-C、PC①-DがすべてPCならば、襲いかかってきた奴は出現しない。
    0
  • 79

    PC①-D/脅威度:5/属性:生物/生命力:21好奇心:情動/特技:《憂い》《驚き》《第六感》《人類学》アビリティ:【基本攻撃】攻撃 《第六感》【精神分析】サポート 《憂い》【毒電波】サポート 《第六感》 P247 対象の判定は 《第六感》とする【グレートギャッツビー】サポートさらに、PC①-Dは「武器」を2つ所持している。PC①-B、PC①-CのどちらかがNPCならば、脅威度:2、生命力:7に変更する。PCがPC①-BとPC①-Cだけならば、生命力:12に変更する。
    0
  • 80

    PC①-C/脅威度:5/属性:生物・怪異/生命力:19好奇心:暴力/特技:《拷問》《悦び》《追跡》《終末》アビリティ:【基本攻撃】攻撃 《拷問》【誘惑】サポート 《悦び》【間合】サポート 《追跡》【植民地帰り】装備【仮縫い】サポート 異識PC①-BがNPCならば、脅威度:2、生命力:6に変更する。PC①-BがPCかつPC人数が2人ならば、生命力:12に変更する。
    0
  • 81

    集団名:PC③支配者の名前:PC③/脅威度:4/属性:怪異/生命力:16好奇心:怪異/特技:《物理学》《教養》《混沌》《死》アビリティ:【基本攻撃】攻撃 《死》【根源法則】サポート 異識【軍団】装備 P244【ものまね】サポート 《混沌》 P245優先順位/モブの名前1/右触手2/左触手345脅威度:1/属性:怪異/好奇心:知覚/特技:《緊縛》《味》《分解》アビリティ:【基本攻撃】攻撃 《分解》【かばう】サポート 《味》PC人数が2人ならば、モブは登場しない。PC人数が3人ならば、モブは【かばう】を使えないものとする。
    0
  • 82

    PC②/脅威度:3/属性:生物/生命力:6好奇心:情動/特技:《破壊》《恋》《哀しみ》《芸術》《人類学》《死》アビリティ:【基本攻撃】攻撃 《哀しみ》【催眠術】サポート 《人類学》【守護霊】サポート 異識PC②はクライマックスフェイズの戦闘には参加しない(戦闘に敗北したものとして扱う)。ただし、PCと相互に感情を結んでいた場合は戦闘に参加する。
    0
  • 83

    PC①-AがNPCであった場合、データは「にらむ人」とする。ただし、【誘惑】サポート《恋》を持っているものとする。PC①-E、PC①-FがNPCであった場合、データは「通りすがり」とする。PC①-GがNPCであった場合、データは「信奉者」とする。これらのNPCは、クライマックスフェイズの戦闘には参加しない(戦闘に敗北したものとして扱う)。ただし、PCと相互に感情を結んでいたNPCは戦闘に参加する。
    0
  • 84

    「八角形の施設」と戦闘になった場合、データは「地獄の館」のダムドとする。
    0
  • 85

    【秘密】 ショック:この【秘密】を調査したキャラクター拡散情報。オマエはここではない世界から、時空の歪みと生き物の匂いを嗅ぎ付けてこの場所にやってきた。オマエは常に飢え、見つけた獲物を必ず追跡する。オマエの【本当の使命】は、この建物内にいる8人の生き物を喰い殺すことだ。クライマックスフェイズでオマエが勝者となった場合、戦果として現在シーンに登場しているキャラクターをすべて「死亡」させる。この時、対象は「攻撃」を行うことができない。ただし、中央の部屋にある台座から発生する時空の歪みが、オマエを責め苛む。オマエはバッティング時、戦闘ラウンドの終了時、戦闘で敗者となった場合に、通常の処理に加えて8点のダメージを受ける。
    0
  • 86

    襲いかかってきた奴PC①のひとりが襲われた。その傷口は獣の爪痕のようで、あたりには刺激臭が漂い、青い粘液が撒き散らされている。我々の知らない9人目が、この建物内にいるのだろうか?それとも、この中の誰かが、実は怪物なのだろうか?
    0
  • 87

    【秘密】 ショック:全員これはポータル・オープナーという名前の、別の平行世界に渡るための装置である。一度使用されており、再使用には少々時間がかかるようだ。このプライズの所有者は、クライマックスフェイズで自発的な脱落を行う際、またはエピローグに次の場所のいずれかに行くことができる。「あなたの世界の、あなたの知っている場所」「このプライズの最初の所有者の勤務先」「あなたが【秘密】【感情】のいずれかを持っているキャラクターのいる場所の近く」
    0
  • 88

    悦楽に浸る時、私は刹那に過ぎ去った日常の一欠片を大事に拾い上げる。時は、物理的に過ぎ去って行くものでもあるが、感覚的に過ぎ去って行くものでもあり、はたまた時というのが何かもわからなくなる。1秒に1.7人の人が亡くなるということを聞いたことがある。人は亡くなったら時が止まるのだろうか。 時は利点もあるが不利な点もある。 時に支配され、時に守られる世。 日本語は広い意の言葉が多く、それがまた心地良い。この不確かで平坦な私の日本語。 立体的に、4次元的に日本語を羅列できる人。羨ましくて仕方がない。 日本語が綺麗に整う人になってみたい。 目が透き通っているのだろう。世界が広く見えるのだろう。
    0

    2|作品名三百字小説。作者Sasashisu

  • 89

    シガーパンチ細い円柱の形をしているカッター。葉巻の吸い口を作るときに使うもの。ギロチンカッターと比べ、吸い口が小さくなることで煙の味が濃くなり、葉屑が口の中に入らない。このプライズは同じシーンに登場しているキャラクターに任意に譲渡することができる。
    0
  • 90

    【秘密】 ショック:【秘密】に「平行世界」という単語が含まれていないキャラクターこの機械はあなた達にとって未知の技術で作られている。これは、台座に乗せた何かと同一の存在(存在しなければ、最も近い立場の存在。例えばPC②とか)を平行世界から呼び出したり、送り出したりすることができる。別の世界の存在を確認しているなら、その世界にも行ける。この秘密を知っているキャラクターは、「あなたが【秘密】【感情】のいずれかを持っているキャラクターが行ける場所と同じ世界の同じ場所」に行くこともできる。また、このプライズの所有者が自発的な脱落を妨害した場合、逃走判定に-2の修正がつき、さらに失敗したキャラクターは《物理学》で恐怖判定を行う。
    0
  • 91

     本棚  群衆のように言葉がひしめいている  共同墓地のように言葉が横たわっている  言葉を生み出した人たちは  すでに故人であるかどうかに関わりなく  もはやこの世に存在しない  本はすべて過去に書かれたものだから  書かれた瞬間はすでに死滅したものだから  言葉を書き終えると人間は変化してしまうものだから  また一方で  言葉がある限りその瞬間は永続する  書かれた瞬間の魂は永続する  込められた想いは永続する  本棚  それは時の博物館だ  その静止した時間の数々は  死んでいるようでもあり  生きているようでもある
    0

    7|作品名ぼくを葬る その他の詩作者yuji-koumoto

  • 92

    超次元転送機バッジの置いてあった台座。24時間かけて充電し、電力が貯まれば再起動する仕組みのようだ。充電が終わった時中央の部屋に集合すれば、あなた達を無事家に帰すという説明が書かれている。PCたちは全員、クライマックスフェイズで自発的な脱落を行った際、またはエピローグに「あなたがここに来る前、最後に覚えている場所」に行くことができる。
    0
  • 93

    【秘密】 ショック:なし拡散情報。これはスターアップルという熱帯で広く栽培されているアカテツ科の植物。果肉は白く、トロトロで甘いが、果皮は食べられない。果皮が紫の品種もある。このプライズは「鎮痛剤」として扱い、使用すると失われる。このプライズを食べたキャラクターは、ただちにこのプライズを使用したものとして扱うこと。1個を2人以上で分けて食べた場合、アイテムとしての効果はなくなる。
    0
  • 94

    緑褐色の果実温室の入り口近くの木に生っていた、丸っこい果実。甘い匂いがする。このプライズは全部で4つあり、同じシーンに登場しているキャラクターに任意に譲渡することができる。このプライズを食べたキャラクターは、緑褐色の果実の【秘密】を獲得する。
    0
  • 95

    隠し扉壁と同じ柄が塗られた扉。取っ手らしいものはなく、押しても引いても開きそうにない。それでも無理矢理扉をこじ開けようとするならば、「八角形の施設」と戦闘を行うこと。PCとNPCは全員、「八角形の施設」の【居所】を獲得する。この扉に【秘密】はない。
    0
  • 96

    【秘密】 ショック:なし拡散情報。下の階には緑、赤、青、黒の盾形のプレートが付いた扉と、「お手洗い」と書かれた扉。上の階には黄、白、紫の盾形のプレートが付いた扉と、プレートのついていない扉が1つ。バッジとプレートが対応して開くようになっている。すべての扉の中は真っ黒な寝室になっており、着替えや日用品が収納されている。目覚まし時計もある。洗面所もある。救急箱もある。以降、この場所で回復判定を行った場合、「鎮痛剤」を1つ獲得する。
    0
  • 97

    黒の寝室目に入った光景は壁も天井も床も真っ黒で、平衡感覚がおかしくなりそうだ。入った階に扉が4つ。奥に上り階段と下り階段がある。この【秘密】は、黒の寝室を舞台にしているシーンでのみ調査できる。ただし、適切なゾーキングを行った場合、この【秘密】を獲得できる。これは主要な行動とはみなさない。
    0
  • 98

    【秘密】 ショック:なし拡散情報。階段を下ると、青い壁、そしてとても大きな浴室が目に映る。公衆浴場よろしく電気風呂や打たせ湯、サウナと水風呂もある。普通に入れる。危険はない。なお、脱衣所、浴場共に男女で別れてはいないので、PC②とは時間をずらして入る必要がありそうだ。だが、ロッカーはどうやって開くんだろう?風呂に入ると心が開放的になる。以降、この場所では、あなたにプラスの【感情】を持っているキャラクターに対する調査判定に+2の修正がつく。
    0
  • 99

    青の大浴場目前に広がったのは、あらゆるものが青く塗られた脱衣所。ずらりとロッカーが並んでいる。ガラス戸の奥には個人用のシャワールームと下り階段がある。この【秘密】は、青の大浴場を舞台にしているシーンでのみ調査できる。ただし、適切なゾーキングを行った場合、この【秘密】を獲得できる。これは主要な行動とはみなさない。
    0
  • 100

    【秘密】 ショック:なし拡散情報。部屋の奥には折り畳み式の机や椅子、コンセントがある。拷問器具は最近運び込まれたものだ。ここは本来多目的室として使われていたのではないだろうか。拷問器具はイミテーションとはいえ、使おうとすれば拷問器具として使えないこともない。以降、この場所では《拷問》の判定に+2の修正がつく。
    0

キャラランキング

  • 1位

    ハンナ・ライチェ (ドイツ人)...

  • 2位

    ジャッキー・ソロール(南アフリカ生まれのイギリス人)...

  • 3位

    黒石みいな(黒姫)...

  • 4位

    【アシェラ/蘆屋都々(あしやとと)】電子文芸部を発足した人。推理しない探偵事務所所長。NOVEL...

  • 5位

    名前 櫻井 蘭蕉(さくらいかんな)年齢 30歳身長 160㌢体重 秘密趣味...

  • 6位

    ジャクリーン・コクラン (アメリカ人)...

  • 7位

    松本キク (日本人)...

  • 8位

    馬淵蝶子 (日本人)...

TOP