セリフランキング

  • 1

    「!!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 2

    「はい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 3

    「えっ、じゃないです!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 4

    「ふーん。一条家のエンゲル係数が、かつてこんなに高かったことがあっただろうか。いや、ない」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 5

    「えっと……そうですか。でも、食べられるもの、ご夕飯にも間に合うかもしれないですよ?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 6

    (でも状況って、どこまで覚えておけばいいんだ? そう考えるとなかなか大変だ。触れたらまた怒らせてしまうかもしれないし、教えてもらえるかもわからない……)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 7

    (こんなお屋敷が職場というのは……そうはないだろうな)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 8

    ふふっ
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 9

    「~~……!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 10

    「こちらが執務室です」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 11

    「伊桜は笑ってる場合じゃな~い。って、意味わかってないだろー?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 12

    「……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 13

    「ご、ごめんなさい! 僕、なにか……?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 14

    「いいから、ね?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 15

    「なにか? ですって?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 16

    (う。有無を言わさぬ感じ。従った方が、いいのかな)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 17

    「おはようございます。加藤白夜さん、初めまして」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 18

    「え、えっと……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 19

    「そもそも謝り方がなってませんね。大変申し訳ありません、と、言い直してください?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 20

    (さっき……?)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 21

    「私は矢取《やとり》暁《あきら》です。ここでは矢取家の人間がたくさんいますので、私のことは下の名前で呼んでください」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 22

    「こちらこそ初めまして。今日からお世話になります」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 23

    (あーもう、俺はもっと役に立ってあげられるのに……! このままだと引き離されてしまう……。伊桜様はようやく苦しみから解放されたんだ。伊桜様が一言「ここにいてほしい」と言ってくれれば、みんな分かってくれる、はず)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 24

    「おっと」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 25

    「こちらが瑠璃仁様のお部屋です。ご挨拶しますよ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 26

    (そういえば自分から挨拶をするべきだった……かな?)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 27

    「た、大変申し訳ありません……!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 28

    「両手を」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 29

    「瑠璃仁様、失礼いたします」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 30

    「……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 31

    「さ。椋谷はもう食事をとってきていいから」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 32

    あちゃ~
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 33

    「提出書類は、すべて記入を済ませ、揃っていますね?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 34

    「入るねー」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 35

    「はい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 36

    「……別に、俺は構わない」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 37

    (ね!?)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 38

    (一体――……何だ……俺、なにか、してしまった? 待て待て待て……)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 39

    ――店長は私ですよ?
    4
  • 40

    (厳しそうな人だな)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 41

    「……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 42

    (とりあえず、やはり自分が何かミスをして怒らせてしまったらしいことだけはもうはっきりした)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 43

    (でも……なんだ……? 俺、何かした……? 看護師として間違ったことは言っていないはずだ。結果だけを見れば大切なお嬢様を泣かせてしまったことにはなるけれど、でもそれだってやっぱり、気持ちが楽になってほっとして出た涙だと思う。それは間違いないのに。いや、出てって、って言われたけど。でも……でも、なんでだ? あ、もしかしたら暁さんは、俺が伊桜様を悲しませて、泣かせてしまったと思っているのか? とにかく、今この空気をなんとかしなくては――)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 44

    「あの、あのですね、伊桜様は、悲しくて泣いたんじゃないんですっ。追い詰められていたんだと思います! ただでさえ毎日熱が出て弱っているのに、望まないものを無理やり食べさせられたら、精神的に参ってしまいますから――」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 45

    (この人にはとりあえず逆らわないようにしよう……)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 46

    「……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 47

    「………………出てって」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 48

    「黙れ!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 49

    「これから、一条家の皆様へご挨拶に伺います」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 50

    (何がここまでこの人をこんなに逆立たせるのか……?)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 51

    「はい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 52

    「えっ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 53

    「粗相のないようにお願いします」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 54

    「はい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 55

    「特に伊桜お嬢様は、少々気難しいところがおありですから、気を付けるように」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 56

    「その……大変、申し訳ありません……。……間違っているところは、今後直していきますので――どうか教えてもらえないでしょうかっ!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 57

    「はい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 58

    「はーい」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 59

    「本当に申し訳ありません。でも、でも……お願いしますっ!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 60

    「その「はい」の返事の声のトーンは屋敷内では少し大きすぎます。「は」と「い」の間隔をもう少し空ける方が一条家の使用人らしいです」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 61

    「失礼します」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 62

    (えっ、そんなことまで気にしなくてはいけないの?)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 63

    「さー、こっちだよ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 64

    「!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 65

    「そうですか……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 66

    「むう」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 67

    「いや、俺は、白夜くんは言うほど何も間違っていないと思うよ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 68

    「ここにいる私たち家事使用人の仕事は究極のサービス業です。オーダーメイドで、唯一無二。お客様である一条家の方々のプライベートな生活にも、そして人生にも深く入り込みます。そのための知識や感覚は、こちらも一生をかけて学び、築いていくのですよ」」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 69

    「伊桜お嬢様、お口に合いませんでしたか?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 70

    「ん……。食べたくないの」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 71

    「……!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 72

    「どんなものなら召し上がれますか?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 73

    (お客様の人生に深く入り込む、究極のサービス)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 74

    「というかさー、間違っていたのは俺達だよね」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 75

    えっ、ライス小並一杯と同じ値段でステーキを!?
    4
  • 76

    (ここが自分の求めていた環境だ)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 77

    「ゼリー」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 78

    (医大病院を去ってはるばるこのお屋敷に転職し――そう、こここそが)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 79

    「それじゃダメだって伊桜」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 80

    (そうだ――頑張らなくちゃ。ここで頑張って、理想の自分を手に入れる……ここで頑張れば理想の自分が手に入る!)
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 81

    「なー頑張ってもう少し栄養価のあるものにしとくれ。甘い物はダメー」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 82

    「はい!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 83

    「む……だって、食べたくないし」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 84

    「病気治すために頑張ろう、な。無理とかいやとか言わない」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 85

    「じゃーあっ、どんぐり味のイベリコ豚のソテー! はちみつ味の熊の右手煮! 今すぐここに持ってきて」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 86

    「どんぐり味は叶えられないかもしれませんが、イベリコ豚は国内の専門店を当たればなんとかなるでしょうか……。でも熊の右手は、すぐには難しいですね。北京まで仕入れに飛んでも、ご夕飯までに間に合うかどうか」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 87

    「おまえなあ……真剣に言ってんのか」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 88

    「無理なの? じゃあ、伊桜も無理だもーん」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 89

    「……ふざけやがって」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 90

    「伊桜! わがままもいいかげんにしろ! 本当に死にたいのかよ!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 91

    「だってっ、なにも食べたくないんだもん! 無理なんだもん! なんで、伊桜が無理っていうと、わがままっていうの!?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 92

    「伊桜《いお》~……おい、わがまま言ってないで食わねーと、よくならねーぞ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 93

    「……」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 94

    「この前菜、プチヴェールのミモザサラダだって。栄養価高いらしいぞ。みてみ? ほーらタンポポみたいに黄身がぽしゃぽしゃ、わぁかわいい。春っぽいし、いいなー、いいなー、……なー?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 95

    「……椋谷さん、お嬢様にそのような口の利き方は改めてください」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 96

    「な、暁」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 97

    「やーっ!」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 98

    「きちんとした場所ではそうするって」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 99

    「やれやれ」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

  • 100

    「椋谷も、おれたちも、伊桜のことを心配してるんだよ。わかるだろ、伊桜?」
    4

    124|作品名四次元の箱庭作者tomoura

キャラランキング

  • 1位

    「本日はお日柄も良く、絶好の執筆日和と――」好奇心から来る怪奇現象○雪見 大往生(ゆきみ...

  • 2位

    「それは、本当に嘘かな?信じられないだけじゃなくて?」名前:大神...

  • 3位

    【栄クリス / Chris...

  • 4位

    【金山チクサ / Chikusa...

  • 5位

    わたなべ はるま渡辺春馬一条家庭師。優しく穏やか。瑠璃仁の世話をよく担当している。

  • 6位

    いちじょう りょうや一条椋谷一条家使用人で下働きをしている。勝己達に対し仕事中にもタメ口が黙認されている。

  • 7位

    やとり あきら矢取 暁一条家に代々仕える矢取家の長男。勝己を慕っている。プライドが高い。

  • 8位

    みなみ そうた南 颯太愛長医科大学病院精神科外来唯一の「白衣の天使」。白夜の「強さ」に憧れている。

TOP