「モーニング・ショート漫画大賞」結果発表!

  • ツイート
  • ツイート

『CITY』あらゐけいいち氏✕『大家さんと僕』矢部太郎氏が特別審査委員長!

モーニング読み切り掲載権&賞金総額30万円争奪

「モーニング・ショート漫画大賞」

結果発表!

 

 

全19本のマッチングから熾烈な争いを制し、
見事受賞を果たした作品をご紹介します!

 

結果発表

 

<大賞・あらゐけいいち賞>

モーニング大賞(読み切り掲載&賞金20万円)
&あらゐけいいち賞(賞金5万円)W受賞!

 

恋のときめきの先にある夫婦の毎日。

『東京ふたり暮らし』

井上まち氏

 

週刊モーニング15号(3月11日発売)掲載&賞金合計25万円獲得!

 

 

特別審査委員長・あらゐけいいち氏より

私が見せていただいた作品の中で飛び抜けて達者でした。

自分がこう描きたいという話と絵柄が噛み合っていて、井上さん自身、自分の漫画はこうだ。と、ものにしている感じです。作家歴はわかりませんが、数多く描いている賜物か、いきなり飛び出た才能かのどちらかだと思います。

自分が通っていた頃の懐かしいコミティアに似た空気感が好きでした。このままの作風でも十分認知され、見られる作家さんだと思います。

自分は物書きなのでどうしても自分がこの絵柄だったらの目線で見てしまうのですが、この空気感と絵柄でお話を作るとしたら、とんでもない違和感を「一つだけ」足したら、描いている自分がワクワクして描けるなあと思いました。それを加えるだけで、この絵柄と作風はとてつもないギャップと見たことない漫画を届けられるのではないか、と。

どうか、常に自分の横にアイデアを。

僕も頑張ります。

 

井上さんから喜びのコメントが届いてます!

元旦に鉛筆を握ったのが、遥か昔のことのように思い出されます…。あらゐ先生、モーニング編集部の皆さま、本当の本当にありがとうございます。 

1本1本の線に今の自分の全てを込めて、明日からもがんばります。

 

 

***********

 

<矢部太郎賞>

矢部太郎賞(読み切り掲載&賞金5万円)受賞!

 

ディープすぎるフィリピン探訪記!

『ユウは何を見たか』

近藤 令氏

 

 

週刊モーニング15号(3月11日発売)掲載&賞金5万円獲得!

 

 

特別審査委員長・矢部太郎氏より

淡々とした語り口で、ギャグを交えて描かれる異国でのとんでもないエピソード、主人公の父のぶっとんだ設定やディティールが、大変リアリティをもって描かれていて(実体験をベースにされているのか?)惹き込まれました!セリフが日本語、英語、タガログ語と3言語あって、理解不能な会話も多いことも、慣れない海外で感じる不安を追体験するようで怖かったです。ショートマンガとして完成していながら、長編のはじまりのようでもあり、続きが読みたくなりました。

 

 

近藤さんから喜びのコメントが届いてます!

ショートエッセイは初めての挑戦ですが、自分の中のフィリピンの思い出を探りながら描いてみました。このような賞を頂けて光栄です。





***********


 

<モーニング特別奨励賞(3本)>

 

今回のキャンペーンが大豊作だったため、「特別奨励賞(賞金2万円)」を特に有望な3作品に追加で出すことにしました!

 

 

マオさんと弟くんの銭湯探訪!

『マオのさんぽみち』

5T (フィフティ)氏

 

5Tさんの受賞コメント!

この度は拙作を評価していただき、誠にありがとうございます。僕は銭湯が好きなのですが、その好きな銭湯の漫画で受賞することができ、大変嬉しいです。次はもっと情緒や空気感を面白く表現できるように頑張ります。

 

 

 

 

会社勤めの、気苦労あるある。

『憂鬱動物株式会社』

都会(toka-i)氏

 

都会さんの受賞コメント!

特別奨励賞に選んでいただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます。

これからも人間(動物?)のおもしろおかしみを描いていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

おじさんが愛おしくなる漫画!

『おじさんと遊ぼう!』

セキセイイン子 氏

 

セキセイイン子さんの受賞コメント!

この度は私の作品を評価していただき、ありがとうございます。

さらに技術を磨き、面白い漫画をお見せ出来るように精進します。

 


***********

 

最後に…
モーニング編集長・M浦より応募者の皆さまに御礼とメッセージです。

 

応募いただいた皆様、ありがとうございました。

発案、募集から受賞決定まで、過去には考えられないスピード感で進めたこの賞は、まさにDAYSNEOという場があってこそのものでした。

その中で今回多くの才能に出会えたこと、編集長として深く深く感謝いたします。作品の方向性がいい意味でバラバラだったことも、多様性を重んじたい弊誌モーニングにとっては嬉しいことでした。

その結果どうしても褒めたくなった、そして同時にまた挑戦してほしいと応援したくなる作品が多かったので、当初の規定を変更しさらに三人の方に特別奨励賞をお送りすることに決めました(些少ですみません……)。

ここからまずは大賞作品をモーニングに載せちゃいます。そして連載を目指してもらえると嬉しいです。みなさん、どんどんデビューしちゃってください!