作品数15
総合評価数124
総合PV数5,847

作者ブックマーク

yumerena8988さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    小説を読むとき

    その他

    • 8

    • 57

    • 0

  • 一般小説

    大好きは魔法の言葉

    その他

    • 16

    • 185

    • 0

  • 一般小説

    湖に映る月

    その他

    • 8

    • 235

    • 0

  • 一般小説

    湖に映る太陽

    その他

    • 7

    • 138

    • 0

  • 一般小説

    ホームメイド

    その他

    • 8

    • 155

    • 0

  • 一般小説

    眠れる真実と遠き国の物語

    その他

    • 7

    • 878

    • 0

  • 一般小説

    バリシナ

    恋愛・ラブコメ

    • 11

    • 367

    • 0

  • 一般小説

    若き君よ、恋をせよ カルミナ・ブラーナに捧ぐ

    その他

    • 7

    • 998

    • 0

  • 一般小説

    天世紀

    ファンタジー

    • 7

    • 811

    • 0

  • 一般小説

    耳を澄ますと

    その他

    • 7

    • 299

    • 0

yumerena8988さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 11月30日|コメント(0)

ファンレター

  • 涼森さま

    ファンレターありがとうございます。頂いたお言葉、とても嬉しく、心に刻まれました。香りが漂うと言うのは、私の中で意識して書いたので分かって頂けたのは最上の喜びです。

  • ヨーロッパの香り

    面白かったです。純文学の作品に面白いという言いかたは違うかもしれませんが、『香水』とか、『ヴィレッジ』とか、ミステリアスなふんいきの漂う海外の映画のようでした。

  • こちらは物寂しい

     『種 NO.1』に続けてこちらを読みました。  前作のテイストとはまた違って、こちらは少し物寂しい作品ですね。  色とりどりの種が届いて喜ぶ「私」とは対照的に、死を選んだ「夫婦」。なんとも言えないやるせなさの漂う作品でした。

  • 黄色い汁がイヤすぎる!

     そういえば、謎の種が送られてくる事案ありましたね。  結構な数の届いた報告をSNSでは見かけたので、うちにも来るのかもしれないと思いながらいるのですが、来ない(笑)  あの時事ネタからこの発想になることが驚きです。  しかしあそこから黄色い汁は……ものすごーくお腹を壊してトイレに籠ったことがあるのですが、あの時の状況を思い出してにやりと笑ってしまいました。