作品数6
総合評価数897
総合PV数743,907

作者ブックマーク

活動報告

埜切秋姫①『ダンサー・イン・ザ・ダーク』

嘘のコンプレックス:『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
デンマークの映画監督ラース・フォン・トリアーの作品から。2000年に第53回カンヌ国際映画祭にてパルム・ドールを受賞。
主演にアイスランド出身の歌手ビョークを起用したことで話題になった。
ジャンプカットの多用や作中に何度もミュージカルが挿入されるなど、特異な技法が目立つ。そのために賛否がわかれる作品でもある。
主演のビョークとイングランドのロックバンド、レディオヘッドのボーカルであるトム・ヨークのコンビで作詞作曲をした主題歌「I've seen it all」は映画音楽でも屈指の評価を受けている。
一貫して凄惨な作風から、後味の悪い映画の話になったとき、必ず挙げられる作品の一つ。

2020年 01月29日 (水) 09:21|コメント(0)

コメントはありません