作者詳細

(ID: stand_ant)

All views
9,201
総合
95
  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

・2011年講談社BOX「第十回BOX-AiR新人賞」受賞。
(未書籍化)
・以降、講談社への投稿作はすべて一次選考落ち(2019年6月現在)。

講談社novel days超短編コンテスト落選作一覧(2019)
【雨のような雪の日は】【ラストレター】【パウ】【灯蛾を焼く者】【カマキリ】【死神の死神】【転】【クロに似たソレ】【殺意、初めまして】【私のために死んでくれ】【こちら、悪意でございます】【うしろの正面だぁーれ】【備えあれば無念なし】【ナンバーズファミリィと最期の晩餐】【統治者の資格】

落選予定一覧:
【たっきゅう】【暗がりで二人】【ヌクレさんの落度】【識別の色別】【最後の砦】【宇宙コロニー殺人事件】【饅頭トライ】【何もない部屋で人を殺す方法】【調べ屋と開かずの間】【五千字じゃあ、ちょいと語るにゃ惜しい作家だな】【純粋亜垢】【魔界の植物】【おもしろくないのにおもしろい小説】【底知れぬペットボトル】【コイン積み】【地の文、略してじぶん】【共感覚の音楽】【人類の管理者】【雑音の満ちる夜は】【超能力者の発見】【あれもこれもここがゆらい】【占い師のおもてなし】【偉大な発明】【ぼくは唾液を呑みこんだ】【非のないところにも煙は】【椎名さんのヌイグルミ】【テロルの木馬】【布団のうえで寝たいんだ】【引退は惜しまれるうちに】

投稿先一覧(2010~2019)。
《講談社メフィスト賞》(主催:講談社文芸局第三出版部)
《星海社FICTIONS新人賞》(主催:講談社子会社星海社)
《講談社BOX-AiR新人賞》(主催:現講談社文芸局第三出版部)
《攻殻機動隊二十五周年記念小説アンソロジープロジェクト》(主催:講談社ヤングマガジン編集部)
《講談社novel days超短編コンテスト》(主催(推定):講談社文芸局、第二、第三出版部)

【歴代関連編集部長】(敬称略)
・太田克史
・秋元直樹
・ 佐藤辰宣
・ 都丸尚史
・栗城浩美


以下、落選作一覧(2010~2019)。
《講談社メフィスト賞》(主催:講談社文芸局第三出版部)
2010:
【エアチェアラビット】
・R2L機関
・ウェイクアッパー
・ファンシィニスト
2011:
【もののけだものけものみち】
・そらたかくおちるきみへ
・もののけだものけものみち
【FOUNDNATION】
・EN-D,CONSTRUCTION
・マジックミラー
・ミナゴ◇シンドローム
2014:
【ぼくの内部をじかになぞって。】
【裏筋をなぞると。】
・改悪∞日本昔話
・改悪∞今昔物語
・改悪∞異類婚姻譚
【局部怪奇譚~人造乙女は心臓を止め~】
2015:
【外骨格の目~伝統小芥子は電灯を消し~】
【異世界の蛇口~神殺し魔起き~】
【暗黒舞踏団~踊り屋たちの囮か愛~】
・踊り屋たちの囮か愛
・囮と知りつつ愛をとり
・踊りとうつつに舞い戻り
【私は性器が好きなだけ~人工名器に凜と銘じ~】
【網膜の住人~仮想世界に魔法をねがい~】
(※改題あり)

《星海社FICTIONS新人賞》(主催:講談社子会社星海社)
2013:
【息の根にうるおいを。】
【群れなさぬ蟻】
(※改題あり)

《講談社BOX-AiR新人賞》(主催:現講談社文芸局第三出版部)
2011~2012:
【狩人の魔女】
【セカンドキラー】
【16ビートのゆくえ】
【サバイバルなIF】
【『 』(スペース)】
【首元に刃が迫るまで】
【テキス〈ト〉ラベラー】
【棚からずんだ餅】
【ディスク・クール・ロージャ】
【シフト⇒ガイド】
【R[I]MOTE-CONTROL】
【おしっこに行ってきます】
(※ほか多数)(※改題あり)

《攻殻機動隊二十五周年記念小説アンソロジープロジェクト》(主催:講談社ヤングマガジン編集部)
2014:
【狂言師は廻る】
【模擬人格はここに】
【ぼく、タチコマ!】

《講談社novel days超短編コンテスト》(主催(推定):講談社文芸局、第二、第三出版部)
2019:
【雨のような雪の日は】
【ラストレター】
【パウ】
【灯蛾を焼く者】
【カマキリ】
【死神の死神】
【転】
【クロに似たソレ】
【殺意、初めまして】
【私のために死んでくれ】
【こちら、悪意でございます】
【うしろの正面だぁーれ】
【備えあれば無念なし】
【ナンバーズファミリィと最期の晩餐】
【統治者の資格】

(ほか多数予定)

以上、落選。


著作はこちらにてお読みいただけます。
カクヨム:https://kakuyomu.jp/users/stand_ant_complex
pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=14167088
電子書籍:https://www.amazon.co.jp/l/B07458F2WJ
note:https://note.mu/ikubisiman/n/n4bd3c3a6ae90?magazine_key=m1e0262812914

登録日:2019年03月08日

作品

小説

2|SF|完結|18話|63,293文字

2019年06月19日 13:21 更新

百合, 強敵, 天才, 死闘, 陰謀, 人類滅亡, 異能, 近未来, クローン, 人工知能

2011年第十回講談社BOX「BOX-AiR新人賞」受賞作。 「純粋処女批判」を全改稿したものとなります。 ――クローンに意識は宿らない――。...

小説

2|ミステリー|完結|1話|9,807文字

2019年06月19日 13:21 更新

名探偵, 勝ち負けに興味はない

姉は自殺なんかじゃない、殺されたんだ。依頼人の姉は、医療機器メーカーを相手取って訴訟を起こしていた。法外な賠償金を手にする寸前で彼女は亡くなった。医療機器メーカーによって殺されたのだ、と依頼人は訴えるが、肝心の探偵はというと...

小説

3|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,996文字

2019年06月19日 13:20 更新

【お仕事小説】, 医師

損な役回りだ。雲内(うんない)ヒトヨは院内会議で新たに任命された役職にうんざりした。暗雲たれこめる胸中で患者の診察を済ませ、帰宅する。夫は専業主夫だ。いいや、在宅ワーカーと呼んだほうが正確なのかもしれない。夫がどのような経済...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,990文字

2019年06月15日 12:54 更新

【お仕事小説】, 教員

通知表の時期は地獄だ。朝起きると、じぶんが布団で寝ていなかったことに気づき、またか、とべりべりと床から身体を引き剥がす。寝落ちが常態化していることになんの疑問も湧かない。スカートだと動きにくい。きょうもジャージでいいかと思い...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,607文字

2019年06月15日 12:54 更新

【お仕事小説】, 音楽家

母からはいつもそよ風のような曲が聴こえていた。金色の麦畑に風が吹き、穂波がさざめきながら駆け抜けていくようなその曲は、物淋しさと同時に、底知れない安堵の念を抱かせた。思えば、幼いころから聴こえてはいたのだ。あまりに当然に鳴っ...

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|4,015文字

2019年06月15日 12:54 更新

【お仕事小説】, 病院事務員

違法なことだとは承知していた。けれどどうしても表沙汰にできなかった。彼女は心療内科の患者さんで、一週間ごとに処方箋をもらいにやってくる。ぼくは彼女から保険証を受け取り、勘定をして、お釣りといっしょに処方箋を差しだすのだが、問...

小説

2|SF|完結|1話|3,685文字

2019年06月09日 10:26 更新

【お仕事小説】, 独裁者

産まれたときに三人殺した。母体となった女と、それから私のDNAに生体認証データを焼きつけようとした設計師(コーディネータ)、そして私をデザインするように指示した人物、すなわち私の素体原型モデル――総裁リズム=アルゴそのひとである。

小説

2|恋愛・ラブコメ|完結|1話|4,277文字

2019年06月09日 10:25 更新

【お仕事小説】, 地球防衛軍

拾ったカエルが王子さまだった。おぼろげに、そういった昔話を幼いころに読んだ憶えがあったけれど、わたしが拾ったのは、どう考えても、中身がカエルの王子さまだった。

小説

2|現代ドラマ・社会派|完結|1話|5,000文字

2019年06月09日 05:08 更新

【お仕事小説】, 諜報員

【テロはよくない】気まぐれな風が頬を撫でる。昼時だというのに喫茶店は空いている。通りまで閑散としており、テラスでコーヒーをすすっていても雑踏の喧騒が聞こえてこないほどだ。「みんな警戒して外出を控えてるんですよ」「かってに人の...

小説

2|SF|完結|1話|4,798文字

2019年06月07日 17:57 更新

【お仕事小説】, 工場作業員

明らかな異常だった。最初に思ったのは、見間違いか、勘違いかもしれない、でじぶんの認知能力よりも、施設内の検知システムの性能の高さを信用しようとした。じぶんがこうして異常に気づく前の段階で、精密機械であるところの3Dで厳格な測...

しゃべログ

しゃべログのセリフはありません

活動報告

2019年 05月11日|コメント(0)

2019年 04月30日|コメント(0)

TOP