作品数6
総合評価数672
総合PV数17,783

作者ブックマーク

C・クラルテ(C.Clarté)さんのプロフィール

フランス史を題材にしたweb小説を書いています。本業は外国系メディアに勤務するDTPオペレータです。
アイコンはかぶりっこメーカー(https://www.iconpon.com/iconmaker/km/)で作成・加工。

▼アルファポリス
https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/394554938

▼小説家になろう
https://mypage.syosetu.com/1417171/

C・クラルテ(C.Clarté)さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    7番目のシャルル、狂った王国にうまれて

    歴史

    • 223

    • 5,095

    • 0

  • 一般小説

    嵐大好き☆ALSお母さんの闘病と終活

    ノンフィクション

    • 308

    • 8,858

    • 1

  • チャット

    7番目のシャルルさんとゆかいな家臣団!

    歴史

    • 34

    • 893

    • 0

  • 一般小説

    〈西洋残酷史〉王は、誰がために鐘を

    歴史

    • 33

    • 528

    • 0

  • 一般小説

    追放された王太子のひとりごと

    歴史

    • 35

    • 755

    • 0

  • 一般小説

    〈西洋残酷史〉最後のフランス王の遺言

    歴史

    • 39

    • 1,654

    • 1

C・クラルテ(C.Clarté)さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 毎日読ませていただいています

    日を追うごとに少しずつ病状が悪化して、読んでいて胸が痛くなります。でもこのエッセイは、お母さまの生きた証ですね。 書いていて辛くなることもあると思いますが頑張って下さい。最後まで是非お付き合いさせていただこうと思います。

  • 虚心には書けない

    はじめまして。コザカナといいます。 いきなり私事を申し上げますが、私はもともと挫折した研究職志望の口で、イングランドのほうの国王の処刑をテーマにしていたため、ジャストフィットすぎるこの手のお話には返ってフィクションとして的確な感想を述べることができません。その点を断ったうえで率直な感想を申し上げますと、革命=善、旧王制=悪の定型化されたイメージを覆すために善悪を逆にしただけでは少々物足りないと感じました。どちらにもどちらの倫理があり、譲れない価値観があったという点を強調すれば、欠点多くも魅 ... 続きを見る