作品数3
総合評価数245
総合PV数21,140

作者ブックマーク

真田一彦さんのプロフィール

時々小説を読んだり、書いたりしています。何でも読みますが、SF、歴史、ファンタジーなどのジャンルが好きです。
私生活との兼ね合いで、時々長期不在にすることがあります。

真田一彦さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    海と人魚と海賊の話

    ファンタジー

    • 121

    • 10,272

    • 31

  • 一般小説

    海と宝島と海賊の話

    ファンタジー

    • 87

    • 8,490

    • 21

  • 一般小説

    彼女は銀の月――若き王は夜空に嘆き、孤狼は星を探して彷徨う

    ファンタジー

    • 37

    • 2,378

    • 7

真田一彦さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 今度は

    いつも素敵なコメントありがとうございます。 パソコンが直ったらと思ったら、今度は人間の方が首を痛めてしまい、トホホな状態です。 別にぶつけたとか転んだとかいうわけではないのですが、どうもひどく寝違えたらしく、軽いむち打ち症のような状態で首にコルセット巻いてます。これがうっとおしくて暑い……(-_-;) 真田さんもくれぐれも健康にはご留意くださいませ。

  • 改めて

    真田さん いつもご拝読と温かいコメントありがとうございます。 実は今、パソコンが不調で使えなくなってしまい、スマホでは長文が書けません。 パソコンが直りましたら、改めてコメントを送らせていただきますね。

  • 心にしみるフレーズ

    こんにちは、時野です。「銀の月」少しずつ拝読させていただいています(^^♪ 第12話「謡歌」、「男の人たちは、人々はなぜ戦争へ行くのだろうと彼女は思う。領土にしろ何にしろ、何かを守らなければならなくなるのは、互いに奪い合おうとするからだ」というアスカの想いが心にしみて、思わずファンレターを書いてしまいました。 本当に、人は欲張らなければ、もっと穏やかに幸せに暮らせるのに……。 コロナストレス諸々もあってか、時野は今スランプ中。新作が全く進まず、細々とエッセイだけ書いております……( ... 続きを見る

  • 多彩なキャラクター

    「海の民の娘」を読了いただき、ありがとうございました。 十年後の「海の民の子供たち」を公開していると、懐かしいような微笑ましいような気分です。 「銀の月」面白いです~♪ 悩める若き王のエレン、カッコいい女性騎士アイリーン、優しい結界師アスカ、飄々としたレヴィ、怪しげな護衛のディガロ、そして黒幕の老大臣ブロント。多彩なキャラクターがファンタジーの世界をいきいきと紡いでくれます。少しずつ読ませていただきますね(^^♪  コロナストレスや暑さの続く毎日……真田さんもどうぞご自愛してお過ごし ... 続きを見る

  • 王の死

    隣国エールとの戦いに疲弊していたフランツ王国。亡くなった王の一粒だね、エレン、彼は王の遺言に従いどう戦争を終わらせるのか。 一筋縄ではいかない、抗戦を主張する宰相の存在がすごく気になります。

  • あ、新作だ!

    人喰い狼ですか、不思議な出だしですね。続き気になります。

  • 作品公開されていたのですね!

    「彼女は銀の月――若き王は夜空に嘆き、孤狼は星を探して彷徨う」、公開されていたのですね! 新作通知を止めていたため、気づくのが遅くなって失礼しました。さっそくお気に入り登録をして読ませていただきます。タイトルも素敵ですね。エブリスタでは拝読しそびれていたので、私にとっては新作となり、楽しみです♪ 「海の民の娘」第2章と3章をお読みいただき、ありがとうございます。29話で勇駿の見た光景は書いた本人も笑えます。またこっそり始めたエッセイもお読みいただき、嬉しいです。こちらは海の民シリーズの執筆 ... 続きを見る

  • 心強いコメントを励みにがんばります!

    「海の民の娘」をお読みいただき、ありがとうございます。フリー素材を探していて、勇駿にぴったりなアイコンを見つけた時は嬉しかったです。やはり海の男は日焼けしていなくては☆ 「君は光 僕は影 離れられない二人の絆~♪」(出典:アニメ・ベルばらエンディング曲)愛ゆえに勇駿には苦労多き人生を送ってもらいましょう(笑) エブリスタ、傾向が変わったのですか? 最近は全然見ていないので……(-_-;) 新作「海の民の乙女」はなかなか進みませんが、「いつ、どこで公開されようと、お待ちしています ... 続きを見る

  • 読了いただき、ありがとうございました。

    「羅紗情歌」を読了いただき、ありがとうございました。確かに隼人と阿梨は最強のビジネスパートナー(?)になりそうですね。 実はこっそり打ち明けると、勇駿への気持ちに気づく前、阿梨の初恋って隼人だったんですよ♪ 真田さんのコメントはいつも優しく、暖かな気持ちにさせてくれます。ありがとうございます。 現在は「海の民の子供たち」の公開をしつつ、遅筆の時野は少しずつ海の民の物語・第3弾を書いています。タイトルは「海の民の乙女―王妃になりそこなった少女―」、強く美しい乙女に成長した梨華がヒロインの ... 続きを見る

  • 楽しませていただきました。

    人魚のお話を読ませて頂きありがとうございました。 日本アニメーション制作のアニメ作品の原作を読んでいるような気分になり、小学校低学年向けの作品にしたら面白いかもしれないと考えながら読んでいました。