作品数10
総合評価数183
総合PV数17,498

作者ブックマーク

此道一歩さんのプロフィール

アラフォー以上の人に読んで欲しい

人生の半ばを過ぎて、ふと立ち止まった時、この道でよかったのか……
これからの道はどうなるのだろう……

あんな人生だったら良かったのに…… 
あんな人と出会えていたら良かったのに……
こんなはずじゃなかったのに……

様々な思いが、喜びが、そして後悔が脳裏をよぎる……

そんな人に一瞬の幸せを感じて欲しい

そしてほんの少しだけ、何かが心に芽生えたら、明日からまた歩き続けて欲しい……
その道は、昨日までの道とは違っているはず…… きっと!

此道一歩さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    憎しみのかなたに

    現代ドラマ・社会派

    • 25

    • 1,947

    • 4

  • 一般小説

    波紋に揺れる影

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 1,709

    • 0

  • 一般小説

    アラサー女子の決断

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 2,313

    • 0

  • 一般小説

    罪びとたちの落日

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 1,346

    • 0

  • 一般小説

    それでも願いは届かなかった

    現代ドラマ・社会派

    • 49

    • 44

    • 4

  • 一般小説

    この憎しみが癒えるとき

    現代ドラマ・社会派

    • 28

    • 774

    • 2

  • 一般小説

    ただ話したいだけなのに

    現代ドラマ・社会派

    • 20

    • 3,388

    • 4

  • 一般小説

    愛をつらぬいたわけじゃない

    現代ドラマ・社会派

    • 13

    • 2,318

    • 0

  • 一般小説

    暗闇に色を探す

    現代ドラマ・社会派

    • 28

    • 3,229

    • 0

  • 一般小説

    終焉の足音が聞こえるときに

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 430

    • 0

此道一歩さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 11月17日|コメント(0)

2020年 10月31日|コメント(0)

2020年 10月30日|コメント(0)

2020年 09月23日|コメント(0)

2020年 07月20日|コメント(0)

2020年 07月16日|コメント(0)

ファンレター

  • 泉のようなストーリー展開!

    第2章第10話まで拝読させていただきました。 次から次と出て来る面白い展開。キャラクター設定も文句なし。もしかしてプロの脚本家⁉⁉ ここまでくると自分の小説が恥ずかしくなります

  • 人生の妙!

    こんばんは。第6話まで読ませていただきました。特に第6話、笑いが止まらず、めっちゃ面白かったです! 様々な職業の様子を、よくここまで書かれていることに脱帽です。智也の忍者歩きの表現も凄いですね! 今後の展開が楽しみです。 失礼かと思いましたが、第4話の一樹は智也では…と思いましたが、間違っていたらお許しください。

  • 立体構造の文学!

    第四話まで引っ張られました! ありがとうございます。  凄い展開ですね! 社会の立体構造、そこで繰り広げられる様々な世界の様子が映画のように活写されております。 また続きを読ませていただきますね。

  • 智也、頑張れ!

    初めまして。ファンレター失礼します。 タイトルに引かれ、第二話まで拝読しました。どん底の社会、這い上がろうとする若者の姿が活き活きと描かれております。 私、読むのがめっちゃ遅いのですが、少しづつ読ませていただきますね。ありがとうございます。

  • ayachanさんへ

    ありがとうございます。うれしくて涙が出そうです。いろいろなところで、それらしいことを書いていたのですが、そこにまで気が付いていただけるとは感激です。こうして感想をいただけるとまた頑張ろうって思えます。本当にありがとうございました。

  • それでも願いは届かなかった

    やはり、唯華には子供が…  最初に渡米の話が出てきたときに、なんとなく想像はできたのですが、それにしてもそこからの展開は、そのことを匂わせながら違和感なく創られていて、感心しました。 こうした物語の時って、後から付け足してみたりして、どこかに違和感があるものなんですよね。でも、最初からの構成の中で考えていたお話なんだって思って、なぜかうれしくなりました。 今まで、何度か裏切られたことがあったもので、変なお話でごめんなさい。でも、次の物語も早めにお願いしますね。

  • ayachanさんへ

    『それでも願いが届かなかった』に感想をいただいてありがとうございます。  ご想像のように『届かない思い』については、今後、たくさんの思いが出てきます。 参考までに、最後の一説です。 ここまで、いくつもかなわない思いがあった。いくつも届かない願いがあった。懸命に投げ続けたあの日、完全試合を達成したのに明日香は旅立ってしまった。初めて結婚を意識した女性も去っていった。何とかして仲代監督を日本一にと思った願いも1点が届かなかった。今年の新春には旅立つ応援団長の枕元で、また間に合わなかった ... 続きを見る

  • それでも願いは届かなかった

    唯華のキャラクターが独特で何とも言えません。ただ、個人的には那須弘子さんの気持ちがよくわかって、ちょっとだけ切なかったです。 このタイトルにある「届かなかった思い」っていうのは、最初は『完全試合をしたのに明日香さんが亡くなってしまった』っていうことを意味しているのかと思ったのですが、何か、奥が深そうって、思い始めています。 今後の展開を楽しみにしています。

  • ayachanさん、ありがとうございます

    ayachanさん、ヒューマンドラマが大好きとのこと、とてもうれしいです。異世界、転生、など、ファンタジーが好まれる今の時代に、私のようにヒューマンドラマしか書けない人間は、読んでいただけるだけで感激、ましてレビューをいただいたり、感想をいただくと、うれしくてうれしくてどうしようかと思うばかりです。 私の物語の中で、「ただ話したいだけなのに」と「この憎しみが癒えるとき」の2作は、どちらかというと悪役が目立たない物語です。全体的には、理不尽な人が出てきて、「罰が当たってほしい」と思うようなものが ... 続きを見る

  • 「この憎しみが癒えるとき」に魅せられて

    ヒューマンドラマが大好きな私には、此道一歩様の物語がとても興味深くて…… でも、この物語って、ここまでの境遇じゃなくて、もう少し、恵まれた? ここまで不幸じゃない綾香であってもいいんじゃないのって思ってしまいました。ええって思いながら、涙が出て来て、異質な物語の挿入で、一時は涙から腹立たしさへ…… そしてまた涙、最後の綾香が手に入れた温かい家庭に、いっきに現実感が戻ってきますけど、あれだけ泣かされてしまった涙の代償が、日常の幸せってどうなの? 泣きすぎてしまって、少し冷静じゃないかもしれない ... 続きを見る